1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

北朝鮮軍事偵察衛星発射で予想される次の展開は 「南北軍事合意」の一部停止へ韓国政府は動く

東洋経済オンライン / 2023年11月22日 16時0分

2023年9月、ロシアの宇宙基地を訪問した北朝鮮の金正恩総書記(右から2番目)が、プーチン大統領と参観した(写真・AFP=時事)

北朝鮮は2023年11月21日夜に発射した軍事偵察衛星「万里鏡1号」の発射が成功したと明らかにした。国営朝鮮中央通信は翌11月22日、「国家航空宇宙技術総局は2023年11月21日22時42分28秒に、平安北道鉄山(チョルサン)郡の西海(黄海)衛星発射場から、偵察衛星『万里鏡1号』を新型衛星運搬ロケット『千里馬1型』に搭載して発射に成功した」と報道した。

北朝鮮メディアの発表は、偵察衛星発射から約3時間後に発表された。

北朝鮮「衛星を正確に進入」

朝鮮中央通信はまた、「千里馬1型は予定されていた飛行軌道に沿って正常飛行しており、発射から705秒後となる22時54分13秒に偵察衛星・万里鏡1号を軌道に対して正確に進入させた」と説明した。

また、「偵察衛星の発射は、自衛権強化に関する(北朝鮮の)合法的な権利であり、敵らの危険千万な軍事的策動で国の周辺地域の安全環境に対応したものだ。共和国(北朝鮮)武力の戦争準備態勢をしっかりと高めるために大きく寄与するだろう」と主張した。

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党総書記は現地で発射を参観した。朝鮮中央通信は、金総書記が「朝鮮労働党第8回大会の決定をしっかりと正確に、立派に貫徹した国家航空宇宙技術総局全体とその関連機関の幹部と科学者、技術者を熱烈に祝った」と伝えている。

さらに、国家航空宇宙技術総局は今後、早い時期に数個の偵察衛星を追加して発射する計画であることを党中央委員会第8期第9回総会に提出すると付け加えた。これにより、2023年内に開催される同総会で、今後の偵察衛星発射の細部計画が立案されるものと思われる。

金総書記は2023年4月、国家宇宙開発局を現地指導した際、「今後、連続して数個の偵察衛星を多角的に配置し、衛星による偵察情報収集能力をしっかりと構築するための戦闘的課業」を提示したことがある。

2023年11月22日、韓国軍の合同参謀本部によれば、北朝鮮の宇宙発射体は、朝鮮半島最南端の離於(イオ)島西側を通過した。北朝鮮が前日に日本などに通報した飛行経路によれば、北朝鮮の発射体はフィリピン東側の太平洋上を通ることを予定していた。

韓国軍の早期警報レーダーと韓国海軍のイージス艦が発射体の移動経路を追跡したため、落下物の海上での位置も把握されたという。軍当局は、北朝鮮の宇宙発射体の第1段ロケットなど海上への落下物を収集し、北朝鮮のロケット技術水準を調査する計画だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください