1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「アラフィフの結婚」に家族同士の繋がりは不要だ 子どもが欲しいから若い女性と結婚したい?

東洋経済オンライン / 2023年11月25日 16時0分

アナタは子どもが欲しいなら、20代~30代前半の結婚適齢期に、必死に相手を探して頑張って生きるべきでした。ひとりのほうが気楽とやるべきことを先送りして、モラトリアムを存分に満喫し、25年も経ってから子どもが欲しいと言いだすのは、あまりに都合がいいのです。

残念ながら子どもは諦めましょう。

アラフィフは核家族第一世代なので、一人っ子で家系が途絶えるみたいなこともあるかもしれません。もう、それは仕方のないことです。子どもには縁がなかったと割り切りましょう。25年間もやるべきことを放置して、取り返しのつかない50歳になってしまったのはアナタとアナタの両親の自己責任です。やるべきことを放置した、アナタ方が悪いのです。

なので、アナタの母親が「死ぬまでに孫の顔が見たい!」と言っているのであれば、強い口調で「諦めろ!」と一喝してください。そして、子どもを諦める取り返しのつかない結果に対して、アナタは自分を責めるべきではありません。

婚活によって同年代のパートナーを見つけて、早死にや孤独死を回避し、残りの人生を幸せに穏やかに過ごせばいいのです。

もう一つ、母親に「孫の顔が見たい!」と懇願されて、アラフィフになって結婚を意識したアナタはマザコンの可能性があります。マザコンとは母親への依存心が強い人のことをいいます。アラフィフになって、まだ精神的に自立ができていなく、心は子どものままで、なんでも母親に相談したりして母親の意見に左右されていないですか。

アナタがもしマザコンだったら、婚活を機会にマザコンは卒業してください。

理由は母親に依存して自立していない男性はモテないし、他人から見ると気持ち悪いからです。女性から結婚相手に選ばれることもないでしょう。アナタにとって母親は大切な人であっても、他人である女性はアナタの母親のことには興味がありません。仮に結婚をしても、義理の母親とはかかわりたくないというのが女性たちの普通の感覚です。

アラフィフの結婚に親の承諾は必要ない

アナタが結婚相手に自分の大切な母親を、夫である自分と同じように大切に思ってくれる人みたいな条件をつけていれば、すぐに取り下げてください。親を大切にすることは世間体がいいので、表面上はアナタの希望に賛同するような反応をするかもしれません。しかし、女性たちはマザコン男性のことは嫌いなので、マザコンを疑われたら、すぐに切られます。マザコンはモテない、他人である女性はアナタの母親のことは一切の興味がない、その現実は理解しておきましょう。

結婚は本人同士ではなく、家族と家族がつながることといわれます。しかし、子どもが望めないアラフィフの結婚に、家族同士のつながりは必要ありません。これまで自立して生きてきたアラフィフの未婚女性は、家族のつながりみたいなことが鬱陶しくて結婚を避けてきた人も多く、アナタのマザコン的な意識や過剰な母親へのこだわりは、婚活ではマイナスにしかなりません。

親を大切にしている、家族を大切にしている、母親と仲がいいなどなど、マザコンが疑われる言動はすぐにやめましょう。そして、母親ともっと距離を取りましょう。結婚することは、新しい世帯をつくっていくことです。精神的にもっと自立する必要があるのです。

アラフィフの結婚には親の承諾も必要ありません。母親に相談することなく、相手は自分自身だけで決めて、入籍後に結婚報告する程度で十分です。

中村 淳彦:ノンフィクションライター

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください