1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

最新・都道府県別インフル感染ランキング(46週) 定点当たり報告数では九州西部が増加傾向

東洋経済オンライン / 2023年11月25日 8時0分

インフルエンザ感染状況ランキング

今シーズンの第46週(11月13日~19日)のインフルエンザ報告数は10万6940と2週間ぶりに今シーズンの最多を更新した(11月24日に厚生労働省が発表)。

【ランキングを全部見る】都道府県別インフル感染状況ランキング(第46週)

厚生労働省は、感染症発生動向調査において、全国に定点観測する約5000カ所を設け、報告数を定点で割った定点当たり報告数が1.0を上回った時点で、流行開始の目安としている。

佐賀県、北海道がワンツー

今シーズンの第46週の定点当たり報告数は21.66。前45週の17.35から反転上昇した。

本稿では、都道府県別に定点当たり報告数が多い順にランキングを作成。また都道府県別の感染度合いが一目でわかるよう、色分けした日本地図も掲載している。

首位は先週に引き続き佐賀県、2位は北海道(先週5位)となった。最下位でもっとも少なかったのは先週同様に福井県だった。

4県を除いて先週より報告数が増えた

北海道や九州西部で報告数が多い

47都道府県の定点当たり報告数を多い順にランキングし、1~12位を赤、13~24位をオレンジ、25~35位を黄緑、36~47位を青で色分けしている。

(※国立感染研究所が公表している「インフルエンザ流行マップ」とは基準が異なる)

東洋経済オンライン編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください