1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

40歳年収が高い「全国トップ500社」ランキング 1位は3565万円!1000万円以上になったのは60社

東洋経済オンライン / 2023年11月25日 7時0分

40歳年収が高い会社ランキング

最初の管理職とされる課長クラスに昇進する人も増えてくる40歳。世のビジネスパーソンはいったいどれぐらいの給料をもらっているのだろうか。東洋経済オンラインでは40歳社員の年収を推計。全国トップ500社のランキングを公開する。

【ランキングを全部見る】40歳年収が高い「全国トップ500社」

対象としたのは『会社四季報』に掲載している上場企業約3900社のうち、単体の従業員数が10人に満たない場合や、平均賃金の発表がない企業などを除いた3307社。

『会社四季報』2023年夏号での調査データと有価証券報告書の公開データと、厚生労働省が調査・公表している「賃金構造基本統計調査」を基に試算した。

業種分類ごとに賃金カーブ(賃金の伸び率)を算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて金額を推計した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

大卒総合職ばかりの企業と、製造現場があるメーカーとでは給与の仕組みが違うことや、男女の賃金格差が存在するが従業員の平均額としていることに留意が必要だ。

純粋持ち株会社では中枢機能を担う少数の社員だけが在籍しているケースがあり、大多数が在籍する主要子会社と年収が大きくかけ離れていることがある。こうした純粋持ち株会社については原則としてランキングの対象から除外している。従業員数、年収、年齢で欠落データがある企業も一部除外している。

また、ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。

トップ10には総合商社が多数

1位となったM&Aキャピタルパートナーズの40歳推計年収は3565万円で、2位キーエンスの2396万円を1000万円以上も引き離した。3位は不動産業のヒューリックで1909万円。

トップ10に入った企業で目立つのは総合商社。4位三菱商事(1854万円)、6位三井物産(1721万円)、8位伊藤忠商事(1668万円)、10位丸紅(1538万円)という結果になった。こうした待遇面での魅力も、就職人気の高さにつながっている。

年収1000万円は、多くのビジネスパーソンにとって高級取りと言える水準だ。本ランキングで40歳推計年収が1000万円以上となったのは60社だった。

1~50位

51~99位

101~148位

151~200位

201~250位

252~296位

301~350位

354~399位

403~448位

452~500位

(外部配信先では画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

東洋経済オンライン編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください