1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

年末の暴飲暴食に「解毒スープ」家で簡単に作る技 管理栄養士が伝授、めぐりのよい体にする

東洋経済オンライン / 2023年12月2日 16時0分

また、体をあたためてくれるスープは、脂肪燃焼をうながすので“太りにくい体質づくり”にも効果的です。体をあたためると、血管が拡張して血行がよくなり、酸素や栄養素が全身に行き渡って「代謝アップ」につながります。代謝が上がることで、体内の有害な物質を排出しやすくし、解毒効果も高まります。

私たちの基礎体温は1度上昇すると体脂肪を燃やす力が10%アップすると言われていますが(基礎代謝量が約150kcal上がる)、歳を重ねるごとに筋力が低下することで、体の温度も下がっていきます。子どものころは冬でも外で思いっきり遊べたのに、大人になると外に出るのも寒くて嫌になりますね。それは、この基礎体温の違いも関係しているからです。

そこで、体の冷えが気になる方には、少しでも、体温をあげるためにスープを取り入れた食生活を試してみてほしいと思います。後述する「おかずスープ」は、それだけでごはんのおかずになりますし、十分な満足感も得られますので、ついつい食べすぎてしまう方にもおすすめです。

体が温まることで脂肪燃焼につながりますし、血液の巡りもよくなるので“太りにくい体質”になる、肌ツヤがよくなる、若さを保てるといった、うれしい効果が期待できます。

あたたかいスープを食べることで、発汗作用も促されます。発汗には、体内の余分な塩分や老廃物や排泄物を流し出す効果があります。体が冷えていると免疫機能も低下して、風邪のウイルスや感染症などに対する抵抗力が弱まる可能性もあるため、体をあたたかく保つことは、免疫力アップにもつながるわけですね。

スープの解毒効果を説明するにあたって、十分な水分の摂取が老廃物の排出につながることも、忘れてはいけません。

きれいな体を保つには「水分補給」が不可欠

私たちの体が、ほとんど水分で作られていることは、皆さんもご存じのとおり。水分をたくさん摂ることで、不要な老廃物を外に排出してくれます。しかし、水分が足りていないと、トイレに行く回数も減って老廃物がどんどん体にたまってしまうことに。

そこで、私たちがめぐりのよいきれいな体に保つためには、水分補給が不可欠となります。一般的に、私たちは1日に体重×30~40mlの水が必要とされています。

飲水はもちろん、食事からの水分補給もしっかりと行われていることがポイント。つまり、栄養と一緒に水分を摂れるスープは、まさにうってつけの料理なのです。

「おかずスープ」のレシピを紹介するにあたって、解毒効果をさらに高める食材や栄養素についても、紹介しておきたいと思います。意識して摂ることでさらなる効果が期待できます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください