1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「飲み会で話がうまい人」が実践していること 価値観が異なる相手には「親しみやすく、丁寧」

東洋経済オンライン / 2023年12月6日 19時0分

「はじめましての人」とそつなく話せる、なぜか好かれる人がやっている会話術を紹介します(写真:Ushico/PIXTA)

初対面の人相手に話すネタが見つからない。相手と価値観が異なりすぎて会話が噛み合わない。相手が自分と反対の意見を言う人だった。

こんな経験、誰しもあると思います。

相手がお客さま、会社の上司や部下など、会話のやり取りで失敗したくない、嫌われたくない場合はなおさらです。

こうした状況でも相手と仲良くなる術を知り尽くした会話の達人、スピーチライターでコミュニケーションコンサルタントのひきたよしあき氏の著書『雑談が上手い人が話す前にやっていること』より一部抜粋・再構成して、なぜか好かれる人がやっている会話術3選をお届けします。

話のネタがないときは周りを観察する

「ヤバい、何も思いつかない。ちょっと逃げ出したいかも」

【画像】「はじめましての人」とそつなく話せるコツとは? ひきたよしあき著『雑談が上手い人が話す前にやっていること』

「こっちから話しかけたほうがいいかな、でも話しかけられたくないかな」

「共通の話題があればいいんだけど、お互いないよねぇ」

あの、気まずい空気。お互いのことをよく知らない段階での雑談は、できれば避けたいと思ってしまう行為です。

仕事で懇親会やパーティーに行くと、知らない人と隣り合わせになることがあります。多いのがビュッフェ形式で、たまたまテーブルに集まった人と語らなければならない。強制的に、そんな状況に追い込まれてしまいます。

もちろん、ほぼ全員が「はじめまして」の状態。

お互いに、相手のことを知らない。そもそも、どこのどなたなのかすら知らないくらいの、浅~い関係の人と話さなければいけない場合、軽いパニックに陥ってしまいますよね。名刺交換をして、ひとしきりお互いの仕事のことなんかを話したら、ネタ切れはすぐにやってきます。

そうしたら、地獄の沈黙タイム……これは、なんとしても避けたい。

素性もわからない人と話す。長く私もこれが苦手で、料理を手にしてもテーブルに近づきませんでした。「君子、危うきに近寄らず」なんて、自分を納得させながら。

あまりにつらくて、どうにかしたくて、解決策を編み出しました。「はじめましての人」とそつなく話せるコツです。

話題になる「共通点」を見つける

そのコツとは、「観察+感情」で話しはじめる、ということです。

「はじめまして」の人としゃべるのがつらいのは、共通点がないからです。どんな話をしたらいいか、まるでわからない状態です。

でも、実は、共通点はつくれるのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください