1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「飲み会で話がうまい人」が実践していること 価値観が異なる相手には「親しみやすく、丁寧」

東洋経済オンライン / 2023年12月6日 19時0分

無理に相手の意見に賛同する必要もないですが、その場で反論する必要もありません。いろいろな環境で育った人が、いろいろな意見を持ったまま、一時のおしゃべりを楽しむ。それが雑談です。

意見が違った場合、相手の意見を尊重したうえで、自分の意見を添えることはあってもいいと思います。ただ、意見を戦わせるのが雑談の目的ではないと思うんです。

なので、まずは、「この人はこういう意見を持っているんだな」と冷静に受け取って、あとは「あなたの意見は理解しました」という共感を示せばいいのです。

受け止めて、共感する。

ぜひ、覚えておいてください。

相手と反対の意見を持っているのに、受け止めるといっても、共感を示すのは難しいと思う人もいるかもしれません。ただ、多様な意見があるのは当たり前のことですし、 違う意見に対して感情だけで反発してしまうのはもったいないと思います。

今回紹介したことは、どれも高等テクニックではなく、簡単な心がけで誰でもできることです。話し下手の人でも、心がけさえあれば大丈夫です。

会話中に、ピンチだな、と思ったら、ぜひ思い出してみてください。

実践しているうちに、苦手意識もなくなりますよ。

ひきた よしあき:コミュニケーション コンサルタント、大阪芸術大学放送学科客員教授

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください