1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

Androidで着信音のオンオフを「自動化」する技 Galaxyシリーズは、多彩な組み合わせが可能

東洋経済オンライン / 2023年12月7日 12時30分

次に、同じ画面で「ルールの追加」をタップする。次の画面では、「Wi-Fiネットワークまたは場所を追加」を選択。自宅ではWi-Fiに接続している場合、「Wi-Fiネットワーク」を選び、アクセスポイントのSSID(Wi-FiのID)をタップする。会社でWi-Fiにつなげないような場合の設定をしたいときには、「場所」をタップして、住所を入力する。次の画面でスライダーを動かし、範囲を選択する。これで、円の範囲内にいる時だけ、設定が有効になる。

あとは、「以下の設定を行う」という項目から、その時に変更したい設定を選ぶだけだ。自宅で着信音を鳴らす設定にしたいときには、「デバイスの着信音が鳴るように設定」を選択する。逆に、会社では一切音を鳴らしたくないような場合、「サイレントモードをONにする」か「デバイスをサイレントに設定」にチェックをつける。設定が終わったら、「追加」をタップすればいい。設定できるのはこれだけと非常にシンプルだが、着信設定を都度変更する手間は省ける。

メーカーによっては、独自にカスタマイズを加え、似た設定を実現していることもある。Galaxyシリーズの「ルーチン」は、その1つだ。この機能を使えば、上記のPixelと同様、場所や接続しているWi-Fiに応じて着信音を制御することが可能になる。Galaxy Z Fold5の場合、「設定」の「モードとルーチン」で、「ルーチン」タブを選択。「+」ボタンをタップして、条件と実行内容を選択する。条件に「場所」や「Wi-Fiネットワーク」を設定し、実行内容には「サウンドモードと音量」を選択すると、Pixelよりも細かく音量まで調整できる。着信音のオン・オフは頻繁に変更する可能性が高い項目なだけに、自動化の恩恵は大きいと言えるだろう。

Galaxyの「ルーチン」は、多彩な組み合わせが可能

バイブレーションのみやサイレントモードへの変更だけしかできなかったPixelに対し、Galaxyシリーズのルーチンはできることが多彩だ。例えば、条件に関しては、場所や接続しているWi-Fiだけでなく、時間やWi-Fiの電波強度、接続しているBluetoothデバイスといった項目に加え、モバイルデータ通信がオン・オフになった場合や、バッテリー残量、折りたたみの状態などなど、幅広い項目を指定することができる。

また、その条件下で実行できる内容も多彩で、着信音の変更にとどまらない。一例を挙げると、画面の点灯時間やディスプレーの明るさ、省電力モードのオン・オフ、音楽の再生、アプリの起動など、さまざまな動作の自動化が可能だ。すべての操作を自動化するのは難しいが、その組み合わせは数えきれないほど。うまく設定しておけば、操作をかなり簡略化することができる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください