1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「あの商品が消えた」、空前の円安で100均に異変 生き残りを懸けて「高額商品」がじわりと増加

東洋経済オンライン / 2023年12月10日 7時0分

このため300円や500円の蓋付きバケツや折りたたみバケツも並べて、どれを買うかの判断を消費者に委ねる店舗は少なくない。調理道具や収納用品なども同様で、定番商品ほど素材やデザインとともに価格が多様になってきている。たとえ100円で売れなくなっても、生活必需品を求めるニーズに応え続けるためだ。

ワッツは本業のもうけとなる営業利益が、2021年8月期の約17億円から、2022年8月期は約10億円、2023年8月期は6.2億円と漸減が続く。最大の要因は円安進行による仕入値上昇だ。さらに円安対応で商品の改廃を進めたことで、一時的に品不足が起きて機会損失を招いたことも響いた。

足元では新規出店を抑えて、既存店のテコ入れや不採算店閉鎖を実施して足場固めを急いでいる。

高単価品は値頃感を訴求

業界3位のキャンドゥも状況は同じで、2021年11月期に9.6億円だった営業利益は、2024年2月期に2700万円まで落ち込む見通しだ。2022年にイオン子会社となったのを機に、イオン系店舗への出店を進めるほか、雑貨中心の新業態を出店するなどして収益改善を進めている。

ワッツ、キャンドゥともに、100円商品の仕様変更を進めて業績改善を図るが「効果は限定的」と口をそろえる。だからこそ高単価品をそろえることで、粗利益率の改善を図ろうとしている。

これまでも100円ショップでは、高単価品の取り扱いについて試行錯誤を続けてきた。しかし、「レジで100円じゃないとわかると、買うことをやめるお客様は珍しくなかった」(キャンドゥ)。

試行錯誤しながら品ぞろえを広げていった結果、キャンドゥでは商品構成の15%前後を高単価品が占めるまでになったという。

最大手の大創産業を筆頭に、高単価品を広げる100円ショップ各社だが、2位のセリアだけは一線を画す。「100円商品」にこだわる方針を明言し、高単価品を扱っていない。

「1ドル80円から100円、120円へと円安が進んだときも、周囲から心配されたが乗り切ってきた。150円でも商品仕様や品ぞろえを見直していく」(セリアの河合映治社長)

独自の業務効率化システムを得意とし、利益率の高さを誇るセリアも業績低迷にあえぐ。2022年3月期に209億円だった営業利益は、2023年3月期に154億円、今2024年3月期は129億円と右肩下がりを見込む。

もともとセリアはおしゃれな雑貨などの品ぞろえに定評があり、近年はハンドクラフト商品など、新たな100円の価値を訴求する商品開発にも力を入れている。もちろん他社も100円の価値を最大限追求しているが、セリアは「100円業態」にこだわり続けることで、差別化する戦略を選んだ。

新規出店のオファーは絶えず

空前の円安に加え、人件費上昇などの逆風が吹き荒れる100円業態。それでも新規出店のオファーが絶えることはない。

一等地の東京・銀座には冒頭の大創産業だけでなく、セリアもイグジッドメルサ銀座に店舗を構える。郊外の大型ショッピングモールには必ずといっていいほど入居し、食品スーパーや郊外のホームセンターにも出店を増やしている。

物価高で消費者が節約志向を高める中、100円ショップは「買い物レジャー」を楽しめる数少ない場所となっている。デベロッパーなどにとっても、その集客力は魅力的だ。

セリアのように「100円業態」にこだわり続けるのか、それとも「100円を軸に低価格商品を取りそろえる業態」に脱皮するのか。急激な円安は、100円ショップに難しい選択を突きつけている。

前田 佳子:東洋経済 記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください