【激ウマ】どん兵衛をセブンイレブンのおでんスープで作ると激ウマ異次元レベル! 宇宙の法則が乱れる

トリビアニュース / 2016年12月14日 6時0分

【激ウマ】どん兵衛をセブンイレブンのおでんスープで作ると激ウマ異次元レベル! 宇宙の法則が乱れる

日清食品の「どん兵衛」と言えば日本でもトップクラスの人気を誇るカップ麺のひとつである。その中でも最もポピュラーなのは、やはりきつねうどんだろう。大きな油揚げにたっぷりとスープが染み込んだときのジューシーさこそがどん兵衛の真骨頂だと言える。

さらに激ウマに仕上げる方法

どん兵衛を調理する際は当然熱湯を注いで調理するのが普通である。そして普通に調理しても申し分なしにウマい。しかし今回は、そんなどん兵衛のスープをさらにワンランクもツーランクも上の完成度に到達させるための方法を紹介したいと思う。

セブンイレブンのおでんを使用
どん兵衛のスープをさらに激ウマに仕上げるためには、セブンイレブンのおでんで使用されているスープが必要だ。


どん兵衛のスープは比較的しょっぱい味で仕立てられているのに対し、セブンイレブンのおでんのスープはどちらかというと甘口。このスープを使用してどん兵衛を調理することにより、甘さとしょっぱさが調和されてスープに奥深さが生まれ、どん兵衛を異次元のウマさへと昇華させるのである。

おでんの具は一旦別皿へ
それでは早速調理してみよう。まずはセブンイレブンのおでんをスープだけの状態にするため、具を別の皿に移しておこう。


もちろん最初からセブンイレブンでおでんのスープだけをもらうことができれば一番である。しかしそれはさすがに不可能であるため、お好みの具でおでんを購入しよう。おでんの具はあとでどん兵衛に投入するとさらに豪華に仕上がるため、その点も考慮して選ぶと良いだろう。

おでんのスープを沸騰させる
おでんをスープだけの状態にできたら、鍋に移してグツグツと沸騰させよう。


お好みで熱湯を足してもOK
おでんのスープが沸騰したらあとはどん兵衛の中に注げばOKだ。ただし100%おでんのスープで仕上げると、当然だがなかなか濃い目の味に仕上がる。濃さを調整したい場合はお好みで熱湯も注ごう。


どん兵衛はもともと熱湯だけで調理しても美味しく仕上がるのである。何も躊躇することはない。おでんのスープがどん兵衛1食分に満たない場合ときにも迷わず熱湯を継ぎ足そう。

おでんスープで作ったどん兵衛が完成!
そして5分間待機! 美味しくなるおまじないでも言いながら待とう! エルプサイコングルゥ……。エルプサイコングルゥ……。

5分待って仕上がったのがこちらのどん兵衛である。


おでんのスープもどん兵衛のスープももともと同じ色をしているため、ヴィジュアル的な変化は一切ない。この時点で食べても本来のどん兵衛を遥かに凌駕したものと化しているのだが、せっかくなので別皿に移しておいたおでんの具も投入してみよう。


最強のコラボレーション
いかがだろうか。ヴィジュアル的にもかなり豪華になった。スープに強いこだわりを持つどん兵衛とセブンイレブンのおでんが今ここでひとつになったのである。これぞ最強のコラボレーションである。


味のクオリティに関しては冒頭で紹介した通り、味の深みが格段に増し、別次元のウマさへと昇華されている。文句の付けどころなど何ひとつない。わざわざセブンイレブンでおでんを購入し、スープを鍋で沸騰させるという手間が手間に思えなくなる。たったそれだけで最強のどん兵衛を食べることができるからだ。


また、今回どん兵衛に投入したのは大根、こんにゃく、ちくわなどのオーソドックスな具であるが、これらもすべてスープにマッチしている。他にもはんぺん、ちくわぶ、卵などのメジャーな具はもちろん、セブンイレブンならではのオリジナリティあふれる具でも抜群の相性を発揮するだろう。

ごはんとの相性も抜群!

最強のスープを一滴残らず楽しみたいという方や、もう少したくさん食べたいという方には、最後にごはんを投入することをおすすめしたい。どん兵衛とセブンイレブンのおでんのスープを混ぜ合わせたスープはごはんとも抜群の相性なのだ。

スープの中にご飯を投入したら、箸ではなくスプーンで食べよう。スープを一滴も残らず飲んだら体に悪いぞ……と思いながらも、手の動きを止めることなどできなくなってしまうはずだ。


実際に男性に試食してもらったところ「美味しいポン! 激ウマだポン!!!! どん兵衛の濃すぎないダシ重視のコクが素晴らしいポン」と絶賛していた。

寒い季節に食べたい贅沢どん兵衛
セブンイレブンの店頭ではおでんのスープを沸騰させることができないため、おでんをテイクアウトしないと作ることができないという点は面倒なポイントであることは否めない。

ただし、それだけの価値が十分にあることも間違いないと断言しよう。これから季節はますます冬が深まっていくが、寒い季節にこそ絶品スープに昇華させたどん兵衛で温まりたいものである。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング