【マジ迷惑】花見の雰囲気をブチ壊しにする「うっとうしい花見客11選」を発表! いい加減にしろ!

トリビアニュース / 2017年3月24日 6時0分

【マジ迷惑】花見の雰囲気をブチ壊しにする「うっとうしい花見客11選」を発表! いい加減にしろ!

日本に住んでいるとやっぱり春の季節にはお花見をしてワイワイと楽しみたいですよね。薄いピンク色に染まった桜の木々を見ると春の訪れを感じ、それだけで気分が高揚して楽しい気分になれるものです。

マナーの悪い客も多い
ところが残念なことに、そんな楽しいお花見の雰囲気を一瞬にしてぶち壊してしまう、マナーの悪い花見客も存在します。マナーの悪い花見客のせいで不快な思いをさせられたという経験をお持ちの方も少なくないはずです。

うっとうしい花見客11選

そこで今回は花見の雰囲気をぶち壊しにしてしまう「うっとうしい花見客」や「とんでもないマナー違反行為」をまとめてみました。皆さんは今までにこんな花見客と一緒になってしまった経験はありますでしょうか。

1. 必要以上に場所取りする
人気の花見スポットではビニールシートなどを敷いたりして、誰かが早い時間帯から場所取りをすることになりますよね。これは早い者勝ちになってしまうのはある程度仕方のないことでしょう。

ところが、明らかに参加人数と釣り合わないほど広いスペースの場所取りをする花見客がいます。人気スポットでは場所取りができずに泣く泣く引き返す人もいるので、参加人数が少なくなってしまった場合などは確保している場所を一部開放したりして、少しでも多くの人が花見をできるようにするべきでしょう。

2. 場所取りだけしてこない
花見の場所取りでは早朝にビニールシートを敷いて、一旦その場から離れるという人も多いのですが、ひどい場合は場所だけ確保して誰も花見にやってこないというケースもあります。

賑わっている花見会場の中でなぜか無人のビニールシート。そして誰もいないので使うか使わないのかも確認できません。場所取りをしたあとに花見が中止になったのなら、速やかにシートを片付けに来るべきでしょう。

3. 桜が咲く前から場所取りする
花見の場所取りには「何日前からの場所取りならセーフ」などというルールがあるわけではないですが、ときどき桜がまだ咲いてもいない時期からシートだけ敷いて場所取りをしている花見客もいます。

これはさすがにいくらなんでもアウトでしょう。これを容認してしまえば、花見が終わったあとも片付けず、そのまま1年後の場所取りをしても許されてしまうような気がします。


4. 飲食物を持ち寄らない
飲食店などがない場所での花見は、各自で飲食店を持ち寄って行うことが多くなりがちです。手作りのお弁当などを持ち寄ってつまみあうのも花見の醍醐味ですからね。

ところが、自分は一切飲食物を持ち寄らなかったのに、他人が用意したものを迷わずモリモリ食べるドケチなヤ人も必ずいます。いったいどんな神経をしているのでしょうか。

5. まわりの客の食事を勝手に食べる
花見の会場にはたくさんのグループが集まってきます。まわりのグループが食べている食事が自分のグループよりも美味しそうに見えたり、食べたくなってしまうこともあるでしょう。

そんなときに直接話をして分けてもらったり、交換するのは問題ないですが、勝手に席に紛れ込んで食事に手を付けるとんでもないヤツもいます。大人数であつまる花見では全員が全員のことを知らない場合も多く、ちゃっかり紛れても気づかれないことが多いようですが、他人の食事を勝手に食べたら立派な犯罪行為です!

6. こぼした食事を皿に戻す
花見では食事を乗せた皿をビニールシートの上に直接置くことも多いため、立ち上がった拍子にこぼしてしまうこともよくありますよね。

そうなってしまったら正直に謝るなり、何か他のものを買いに行ったりするべきですが、こぼした料理を気付かれないように皿に戻す人もいるので要注意です。


7. 桜の枝を折る
きれいな桜を家に飾りたいのか、信じられないことに桜の枝を折って持って帰る人も多く存在します。とんでもない迷惑行為ですし、そもそも家に持って帰ってもすぐに桜の花は散ってしまうでしょう。酔った勢いでやってしまう人も多そうですが、絶対にやってはいけません。

8. 大音量で音楽をかける
お花見やバーベキューの場にちょっとしたBGMが流れているのはなかなか良いものではありますが、音量には気を付けなければなりません。大音量で音楽を流してしまうと、周辺にいる人にも強制的に音楽を聞かせることになるということを自覚した方がいいでしょう。

記者の友人の早乙女さん(38歳・宅配アルバイト)は昨年の花見の際に大音量で浜崎あゆみさんの音楽を流し続ける団体の隣になってしまったそうで、「浜崎あゆみ本人がいるならまだしも、混雑した花見会場では途中で場所を変えたりすることもできないから本当に地獄だった。その年の花見の記憶は浜崎あゆみのことしか残っていない」と言っていました。

9. その辺で用を足す
川沿いなどで花見をする場合はトイレが設置されていないということも少なくありません。だからといってその辺で用を足す人もいますが、ひどい迷惑行為なので絶対やめてほしいものです。

その日はシートが敷かれていない場所だったかもしれませんが、翌日にはその場所の上にシートを敷いて花見をする人もいるかもしれないのです。絶対にやめましょう。

10. 飲みすぎて寝て置いていかれる
楽しい雰囲気にのまれてついついお酒を飲みすぎてしまい、その場で深い眠りについてしまうのはよくあることですが、たまにその場に置いて行かれるヤ人もいい迷惑です。せっかくの楽しい場なのに、謎の人が地べたに一人で寝ていたら対応に困ってしまいます。同行者は責任を持って連れ帰るか、せめて起こしてあげましょう。


11. ゴミを放置する
残念なことに、近年はゴミを捨てずに放置していく花見客が非常に多いそうです。ゴミが放置されていると場所によってはカラスが集まってしまい、翌日の早朝に場所取りに行ったらカラスが大量にいて、追い払おうとしたら怖い目にあったという人も多いのだとか。花見をする最低限のマナーとして、ゴミは絶対に各自で持ち帰るようにするべきですね。

マナーを守って楽しい花見を!

花見の会場にはたくさんの人が集まるため、マナーを守れない迷惑客がひとりでもいるだけで雰囲気がブチ壊しになりかねません。それぞれがしっかり意識をして、楽しく花見ができるといいですね。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング