1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【激安】定食288円! 日本一安い「定食酒場食堂」がヤバイ / ご飯と味噌汁はおかわり自由(笑)

トリビアニュース / 2018年1月22日 6時0分

【激安】定食288円! 日本一安い「定食酒場食堂」がヤバイ / ご飯と味噌汁はおかわり自由(笑)


皆さんは町の定食屋で食事をするとき、1食の値段を大体いくらくらいで考えるだろうか。500円? 700円? 1000円くらい? とりあえず松屋や吉野家などのチェーン店で販売されている定食はだいたい500円前後。その価格が最安レベルと考えても良いのではないだろうか。

定食288円の飲食店を発見!
ところが、信じられない情報がトリビアニュース編集部に入ってきた。なんと東京・曙橋には自称「日本一安い定食屋」があるというのだ。その値段はなんと、1食288円! 松屋や吉野家の半額レベル。マクドナルドのてりやきマックバーガーやダブルチーズバーガーよりも安い値段で定食を食べることができることになる。マジかよ……。

早速行ってみることにした
というわけで早速その定食屋に向かってみることにした。その定食屋の名前は「定食酒場食堂」。地下鉄の曙橋駅を降りて歩くこと数分。なんとも怪しげな外観の店が視界に入ってきたぞ……。


……心配になってしまうほどボロボロの建物である。曙橋駅周辺は東京都新宿区。日本を代表し、世界でも有数の大都市・新宿エリアにこんなお店があるなんて、海外に住んでいる人に教えてもきっと誰も信じてくれないのではないだろうか。


だが、定食が288円であることに間違いはなさそうだ。入口の扉に大きく「288円定食」と書かれ、堂々と「日本一安い定食」とも掲示。どうやらランチタイムのみ日替わり定食が288円で提供されるようだ。しかもご飯と味噌汁がお替わり自由で、生卵も1個サービスになるという。どれだけリーズナブルなのだろうか……。

有無を言わさず日替わり定食に決められる
訪店したのは新年早々だったため、店が営業しているか不安だったが、店頭にはしっかり「営業中」の看板が。意を決して店内に入ってみると、いきなり店員さんから声をかけられた。

「前払い288円になります」

……どうやら288円の日替わり定食以外の選択肢はないらしい。実は2017年まではランチタイムにも別のメニューを用意していたそうだが、2018年からランチは日替わり定食に一本化され、料金前払いのシステムに変更されたそうだ。


メニューを知らされないまま会計
あまりにも安価なのだから、メニュー数が少ないほうが当然効率的。この日の日替わり定食のメニューが何だかまったく知らされていないままだが、店員さんに300円を手渡した。すると店員さんは「お釣りいくらだったっけな……」と衝撃の発言。お釣りの計算が難しいなら300円の定食にしたって誰も文句を言わなさそうなのに……。


ご飯、味噌汁、生卵はセルフサービス
会計を終えると、ご飯、味噌汁、生卵がセルフサービスになっていることが伝えられたため、早速適量を盛り付けてテーブル席に着席。座席は完全相席制で、4人用のテーブルに見ず知らずのオッサン4人が相席し合うこととなった。

あまりにも個性的なメニューとポップ
席について定食が用意できるのを待っていると、どうしても壁一面に貼られているメニューやポップが気になってしまった。


特に気になったのは「なるべく働きたくありません」という衝撃的すぎるメッセージ。しかしこれはジョークではなく、常連のお客さんが料理を運んだり注文を取ったりすることもあるそうで、本当に店員はなるべく働きたくないと思っているというのだ。すごいシステムである。

そして横に貼られている「ナポリタン80円」も気になるところ。あまりにも価格設定がおかしい。働きたくなくなるのも当然か……。さらにナポリタンに関してはこんな注意書きが。


要約すると「ナポリタンをまず1品頼んで、追加注文でまたナポリタンを1品……と頼むのはやめてくれ。最初からまとめて注文しろ」ということ。まあこれも80円という価格を考えたら仕方のだろう。納得である。

これが本日の日替わり定食だ!
そんなこんなで注文してから数分後、ついに日替わり定食が完成。学生食堂や社員食堂のように、カウンターに完成した料理を受け取りに行くと、この日の日替わり定食がどんなメニューだったのかようやく明らかになった……!



ババァァァーーーンッ!! プレートには豚焼肉、もやしの炒め物、ナポリタンが盛り付けられている。なかなかボリュームもあるうえに結構ウマそうじゃないか……!


しかも豚焼肉は結構な厚さである。格安な焼肉定食にありがちな、肉が薄すぎてカリカリに焦げてしまっているようなことはまったくない。おいおい……これどう見ても288円のクオリティとボリュームじゃないだろ……!!

ナポリタンも肉もしっかりウマい
店が賑わっていたので写真撮影はほどほどにして定食を食べ始めたが、ナポリタンも焼肉もしっかりウマい。若干濃い目の味付けではあったが、ご飯がお替わり自由ということを考えるとむしろ好都合。何杯でもご飯を食べられるぞ……!



卵かけご飯も食べられるので、普段は少食な記者もつい2回もご飯をお替わりしてしまった。これでたったの288円……。満足度が高すぎて申し訳なくなってしまうレベルであった。

これはとにかくたくさんご飯を食べたいという食いしん坊にとっては、パラダイス以外の何物でもないのではなかろうか。ほんと、東京の新宿にこんな店が潜んでいたとは凄すぎる……!


夜の居酒屋タイムも凄いらしい
今回はランチタイムに訪店したが、夜の時間帯もまた凄いらしい。個性的でリーズナブルなメニューが豊富に揃えられ、絶対に1人あたり3000円を超えない独自の会計システムを導入していると言うのだ。是非次回は夜の時間帯に訪店し、そのメニューの数々を紹介したいと思う。

店舗情報
店名:定食酒場食堂
住所:東京都新宿区片町4-10
営業時間:11時~14時(完売次第終了)、17時~23時
     土曜日のみ12時~380円ランチ
定休日:日曜(要確認)

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング