【極秘】伝説の少女漫画「NANA」の知られざる秘密と噂8選! 連載休止から9年! 再開が待たれる超名作漫画

トリビアニュース / 2018年3月7日 7時0分

【極秘】伝説の少女漫画「NANA」の知られざる秘密と噂8選! 連載休止から9年! 再開が待たれる超名作漫画


少女漫画家・矢沢あい先生の代表作として知られる「NANA」。これまでにも豪華キャストでの映画化やテレビアニメ化、関連する音楽作品まで大ヒットとなった作品なだけに、男女問わず多くの人が作品に触れたことがあるのではないでしょうか。

NANAの知られざる秘密と噂を発表!
今回は人気作品「NANA」のコミックス版に関連した話を中心に、知られざるエピソードや噂、裏設定などをまとめてみました。映画やアニメしか見たことがないという人も、もちろんストーリーは大きく変わらないのできっと楽しめるはず。どうぞご一読ください!

1. 最初は読み切り作品だった
「NANA」は「りぼん」の増刊号という位置づけだった「Cookie」のVol.1、Vol.2に読み切り作品として掲載されました。第1話は小松奈々が主人公、第2話は大崎ナナが主人公で、2話で完結するストーリーになっていたのです。その後「Cookie」が月刊誌として新創刊されたため、晴れて連載となりました。

ただし、当初から矢沢先生は連載することを想定していて、読み切りでは同じ名前でタイプの違う女の子を登場させ、連載でその二人が出会うという設定にしたそうです。そのため第1話は小松奈々が主役で大崎ナナは登場せず、同様に第2話は大崎ナナが主役で、小松奈々は登場しないストーリーになっています。

2. タクミと紅の豚のポルコのタバコは同じ銘柄
ジブリ作品「紅の豚」の主人公・ポルコ・ロッソのトレードマークであるタバコの銘柄が、NANAに登場するタクミのタバコの銘柄と同じだと言われています。そのタバコは「GITANES」という銘柄で、タクミが吸っているのはおそらく青いパッケージで白い紙巻の「ジタン・カポラル」でしょう。ヨーロッパではポピュラーなタバコですが、日本で手に入れるにはタバコ専門店に行かなくてはなりません。

ちなみに、このタバコはルパン三世も吸っているようです。


3. 奈々の恋愛は不倫からスタート
主人公・奈々は第1話では高校3年生。18歳のときに29歳の会社員である浅野という男性と不倫し、その後デザインの専門学校で出会った章司と付き合い始めます。東京の美術大学に進学した章司を追って上京し、その新幹線の中でナナと出会います。

そして浮気した章司と別れた後、ナナとレンの紹介で知り合ったトラネスのメンバーであるタクミと関係を持ちます。そんな中で、ナナのバンド「ブラスト」のノブからの好意に気づき、タクミに別れを告げノブと付き合い始めますが妊娠が発覚。おそらくタクミの子供だろうと気づいた奈々は、ノブと別れタクミと入籍したのです。

映画版では奈々が浅野と不倫していた設定は削除されています。映画しか見ていない人には驚きの設定ではないでしょうか。

4. 本城レンは薬物依存症だった
ナナの恋人であり、トラネスのギターとして圧倒的な人気を誇る登場人物の本城レンですが、重度の薬物依存症に冒されていました。レンが摂取していた薬物はコカインで、ドーパミンを放出し続ける効果があり、疲労感や不安感を消し気分を高揚させる効果があります。その一方で作用時間は10~30分程度と短く、一度手を出すと依存症になってしまう人が多いのです。レンも相当な依存症に悩まされていたのでしょう。

5. ナナと奈々の婚約指輪はカルティエ
奈々がタクミから贈られた婚約指輪、そしてレンがタクミからそのブランドを聞き出し、ナナに渡した婚約指輪は、カルティエの「ソリテール 1985」と呼ばれるリングがモデルになっています。「ザ・婚約指輪」という形をしていて、シンプルなリングに一粒ダイヤが際立つ優雅なシルエットのリングです。実際には30万円台から購入可能ですが、原作ではかなり大きなダイヤが描かれているため、推定金額は100万円以上だと言われています。


6. ジャクソンバーガーは実在する
奈々たちが頻繁に利用している「ジャクソンホール」ですが、このお店は東京都調布市に実在するバーなのです。ジャクソンホールのオーナーが以前経営していたお店に作者の矢沢先生が常連として通っていて、その店を漫画に登場させたいとオーナーに相談したところ、どうせなら当時新規オープンしたばかりのジャクソンホールはどうかと提案され、そのまま採用となりNANAにジャクソンホールが登場することになったのです。

実際のジャクソンホールには矢沢先生のサインが飾られ、奈々が大好きなジャクソンバーガーも看板メニューとして存在。誰でも気軽に食べられるようにと、1個650円というサービス価格で販売されています。

7. アニメ版のナナは土屋アンナ
映画版NANAでは、ナナを歌手である中島美嘉が演じましたが、アニメ版では朴ロ美(ロは王へんに路)さんが声優を務めました。朴さんは声優としてはプロでも歌手ではないため、歌唱シーンの迫力を求めるのはさすがに困難。そこで、歌唱シーンのみ土屋アンナさんが担当するというキャスティングが行われたのです。土屋さんはロック歌手として定評のあるミュージシャン。ナナのイメージにぴったりだと好評でした。

ただし、土屋さん自身はナナに合わせて歌ったのではなく、アニメの画を見た際にナナが本気で歌っているんだなと感じたため、役柄に合わせて自分を変えるのではなく、本気で歌おうと決意して収録に臨んでいたそうです。


8. 映画版で宮崎あおいが降板した理由
映画版のNANAは奈々役に宮崎あおい、ナナ役に中島美嘉が起用され、興行収入40.3億円という大ヒットを記録しました。特に奈々役を好演した宮崎あおいさんは可愛らしい笑顔と、恋やファッションに胸をときめかせる姿に、各方面からはまり役だと高い評価を受けました。

ところが続編の「NANA 2」では降板し、奈々役には市川由衣さんが起用されました。降板の理由ははっきりと明かされてはいませんが、もともと宮崎さんは第1作への出演にも難色を示していたと言われています。さらに第2作ではベッドシーンや妊娠の描写があることから、降板の意向を周囲に示したそうです。市川さんも好演を見せましたが前作の宮崎さんのイメージが強かったせいもあったのか、興行収入は1作目の3分の1程度に落ちてしまいました。

連載の再開が待ち望まれている
実はまだNANAは「Cookie」で連載中という扱いになっていて、2009年8月号から矢沢先生の急病による休載が続いてしまっているのです。そのため作品は当然未完結のままであり、物語が止まってから10年近く経過してしまっているのです。

気になるのは矢沢先生の現状ですが、休載中に描き下ろしのイラストを発表したこともあり、「いつか完結させたい」という旨のコメントを発表したこともあるのです。なんとか矢沢先生には万全の状態で復帰していただき、物語を完結まで描いてほしいものですね。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング