【2.5次元】鈴木拡樹、健人、影山達也インタビュー 舞台「どろろ」で挑む“初体験”とは?

エンタメOVO / 2019年2月28日 11時30分

(左から)仁木田之介役の影山達也、百鬼丸役の鈴木拡樹、賽の目の三郎太役の健人

 手塚治虫のダークファンタジー「どろろ」が舞台化され、3月2日から開幕する。本作に主人公・百鬼丸役で出演する鈴木拡樹、賽の目の三郎太役の健人、仁木田之介役の影山達也に話を聞いた。舞台『刀剣乱舞』シリーズ、ミュージカル『テニスの王子様』、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などで活躍する3人は人間の生と死、宿業の意味を突きつける手塚作品にどう挑むのか?

-本作の話を受けて、自分の役を知ったときの最初の印象から教えてください。

鈴木 百鬼丸に対する僕のイメージは、映画版で同役を演じた妻夫木聡さんのイメージでした。逆に原作を読んでいなくて、改めて読んでみると、今この時代であっても面白い。どんどん読み進めていくと作品の世界観にハマり、楽しくなりました。

健人 僕も映画版の『どろろ』のイメージが頭にあったので、今回の自分の役名を聞いたときは「…誰?」って(笑)。三郎太は映画版に出てこないんですよ。すぐインターネットで検索しました。

影山 僕は映画を見ていなかったので、まずは原作で自分の役を知り、ああ、剣が強い人なんだなと。僕、実は殺陣をやったことがなくて今回が初なんです。

鈴木・健人 え? そうなんだっけ? 意外!

鈴木 でも百鬼丸の殺陣というか、敵の倒し方は独特なので僕も初めてだから。

健人 俺もやりを使うのは初めて!

-そうですよね、殺陣と一口に言っても、使う得物はさまざまですしね。

鈴木 結果、みんな初挑戦なんだ、ということで(笑)。

影山 ちょっと安心しました(笑)。で、僕が演じる田之介は原作のイメージだとちょっときざなところがあるなと感じています。事前の勉強を兼ねて、鈴木さんが声の出演をしているTVアニメの「どろろ」を見ているんですが、これもまた舞台とは違う雰囲気がありますよね。自分らしくいろいろ研究して役を作っていきたいと思っています。

-まさにそのTVアニメ版「どろろ」に出演しながら舞台の予習をしている鈴木さん、舞台版の百鬼丸という人物をどのように描いていこうとしていますか。

鈴木 舞台版「どろろ」最大の魅力は人間に近づいていくという「説得力」があること。百鬼丸は最初は人間というより人形なので、何も表現をしない(できない)ところからどんどん人間のパーツを取り戻して人間に戻っていく。とともに、表現や考え方も取り戻していく…。「人間とは何か」を改めて感じさせる百鬼丸になっていると思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング