北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

エンタメOVO / 2019年5月21日 17時2分

 おおたわ史絵氏(左)と北斗晶

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。

 本作は、薬物依存症の治療施設から逃げ出してきた19歳の息子ベン(ルーカス・ヘッジズ)と、ベンを守ろうと奮闘する母親ホリー(ジュリア・ロバーツ)の姿を描いたヒューマンドラマ。

 自身はジュリアと同じ年で、「20歳と16歳の息子がいる」という北斗は、映画を見た後に「もし自分の子どもがそうなってしまったとき、自分もホリーのように(子どもに)寄り添って戦えるんだろうか…と考えてしまった」とコメントした。

 「『母親だから分かるでしょ』『つらさは理解できるでしょ』とかよく言うけど、この立場にならないと分からないこともある。答えがない」とし、「多感な年頃の子には誘惑も多い。それにストップを掛けられる子に育てるにはどうしたらいいのか…などといろいろ考えさせられました」と複雑な思いを口にした。

 一方、おおたわ氏は、母親をオピオイド(麻薬性鎮痛薬)依存で亡くした。母親は「虫垂炎をこじらして腹膜炎になり、その痛みに対して鎮痛薬を使い始めた」という。

 おおたわ氏は「母親に振り回されて育ったので、母親を恨んで『死んでくれたらいいのに』ぐらいに思っていた」という。

 しかし「実際に息が止まって心臓が止まった母を見つけたときは、思わず心臓マッサージをしていた」という。

 おおたわ氏は「家族って最終的にそういうもの。好きだとか嫌いだとかではなくて。最後の最後に救おうとするのが血なのかな」と語り、映画を通して「他人事じゃない。自分に照らし合わせて考えてほしい」とメッセージを送った。

 映画は5月24日、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング