霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

エンタメOVO / 2019年5月22日 15時14分

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会に出席したよしもとタレントたち

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。

 学園祭シーズンに向けてのタレントブッキングが行われるこの時期に、各学校の学園祭実行委員長らに向けてよしもと所属タレントを改めてお披露目。EXIT、ミキらがネタ見せでアピールした。

 平成ノブシコブシ・徳井は「これからのお笑いは、EXITや霜降り明星とか若い芸人が若い人たちに向けたお笑いを(やっていく)」と語り、トレンディエンジェルのたかしも「確かに『M-1』も優勝しているし、“お笑い第七世代”を作ったのが霜降りですから」と期待した。

 コンビやピンとしてもさまざまな賞レースを獲得し、勢いのある霜降り明星だが、せいやは「ちょっとそんなん(第七世代)があったらおもろいなってラジオで言ったらブワッと広がってしまって…。おこがましくて、自分らで3冠とか言ったことない」と大慌て。

 最も学園祭に呼ばれた「学園祭キング」の新たな“冠”への意欲を問われた粗品も、「反感を買わないように頑張ります」と控えめに低姿勢を貫いた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング