宇垣美里「甘い男性が好きです。甘やかさせてほしい」 “パリピ芸人”EXIT「闇営業」を否定

エンタメOVO / 2019年6月17日 14時59分

(左から)りんたろー。(EXIT)、宇垣美里、兼近大樹(EXIT)

 「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」が17日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が登場した。

 3人は、のりですしをつかんで食べるスタイルの「三段つかみずし」や、ギネス認定の唐辛子「ブート・ジョロキア」を使用した「シビ辛ソース」がかかったすしなど、かっぱ寿司の新メニューに挑戦して、会場を盛り上げた。

 辛いメニューにちなみ「甘い男性と辛い男性、どちらが好き?」と聞かれた宇垣アナは、「甘い男性が好きです。甘やかさせてほしいです」と笑顔で答えた。

 「三段つかみずし」にちなみ、「芸能界でつかみ取りたいことは?」との問いに兼近は「宇垣さんのハート! ハートをキャッチ&リリースしてえなと思ってます。イエ~イ」とチャラい回答で、笑いを誘った。

 囲み取材で、「私生活でも本当にチャラい?」と聞かれた兼近は「メチャメチャっすよ。マジで僕ら、私生活がヤバ過ぎて言えない。(記者陣に向けて)1回追い掛けてみて。マジでそろそろ週刊誌に出るんじゃないっすか」と話した。

 これについて相方のりんたろー。は「兼近くんは、仕事が終わったら帰宅して読書している」と真面目な私生活を暴露しながらも、「僕はクラブと家の往復なんで、本当にヤバい。いろんな事件があったので、昨日よしもとから六本木と西麻布界隈に近づくなってお達しが出まして、自粛しようと思います」と明かした。

 また、2人が働いている「老人ホーム」と「ベビーシッター」のアルバイトについて「闇営業ではない?」と質問が飛ぶと、りんたろー。は「はい、光の中でやらせてもらってます」。兼近は「僕も“光営業”です。子どもの未来を照らしてるんで」と返して笑わせた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング