「人見絹枝さんの思いを、次の世代の子どもたちに伝えたい」菅原小春(人見絹枝)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

エンタメOVO / 2019年7月7日 20時50分

-人見さんに共感する部分はありましたか。

 とても共感しました。私も体が大きいので、バックダンサーをやっていた頃、目立ち過ぎて「少し下がって」と言われることが多く、コンプレックスを感じていた時期があったんです。でも、海外に飛び出してみたら、私ぐらいの体格はごく普通。それ以来、コンプレックスが強みに変わるように、自分を磨いていかなければ…と考えられるようになりました。そういう点では、人見さんに通じるものがあります。

-第26回は、居場所のなかった人見絹枝という人が、自分の居場所を見つけていく物語としても心打たれるものがありました。どんなことを感じましたか。

 その点も、自分と重なるものがありました。私も、いつも1人で行動しているので、孤独を感じることが多いんです。海外に出掛けるときも、1人で大きな荷物を持ってバックパッカーのようなことをしていますし。だから、家に帰ると寂しくなって、お風呂で大泣きしたり…(笑)。ダンスも、自分で振り付けをして、自分で踊らなければいけません。そのために自分を追い込み過ぎて、犬が自分の尻尾を追いかけてグルグル回っているような状態になることも多くて…。

-金栗さんやシマさんと出会う前の絹枝に似ていますね。

 人見さんも、みんなと温かく触れ合いたかったんだと思います。私は、共作をするようになってから「誰かに頼ってもいいんだ」ということに気付いたんです。そうしたら、仲間がいる温かさや楽しさみたいなものを感じるようになって…。今回演じている中で、人見さんの人生にもそういうことがあったんだろうな…と思いましたし、私自身も現場の皆さんに対して同じことを感じることができました。だから、この現場に私の居場所を見つけたような気がして、すごく居心地がよかったです。

-人見絹枝という役を演じてみて感じたことは?

 シマさんと出会っていなかったら、人見さんは自分の魂を生かすことができたかどうか、分かりません。あの出会いによって、金栗さんやトクヨさんとも出会うことができ、皆さんが一つ一つ扉を開いて、「外に飛び出していきなさい」と背中を押してくれた。あの銀メダルは、そういういろいろな出会いがあって、仲間がいたからこそ手にすることができたものなんだ…と。そんなことを改めて感じました。

-菅原さんが感じたこの作品の魅力は?

 人見さんは、自分の体と魂を張って、日本を背負って海外に出ていきました。私も、そういう人見さんのような思いを次の世代の子どもたちに伝えるため、魂を燃やしてやっていきたいと思っています。この作品を見ていたら、私と同じことを皆さんが考え、一生懸命やり遂げようとしていたことに気付き、とてもシンパシーを感じました。

-ところで、今回がお芝居初挑戦だそうですが、今後の女優業に対する意欲は?

 今回は、とてもいい経験をさせていただきました。ただ、世の中には素晴らしいお芝居をされるプロフェッショナルな女優さんがたくさんいらっしゃいます。だから私は、自分が共鳴でき、私の魂を燃やす意味があり、自分の体と心を通して何かを伝えられると感じる役と出会えたとき、また挑戦してみたいです。今回の人見絹枝さんは、まさにそういう役でした。

(取材・文/井上健一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング