ふなっしー「上の人がちゃんと管理して」 熱中症で亡くなった着ぐるみ男性にショック

エンタメOVO / 2019年7月30日 15時47分

 イベントに登場したふなっしー

 オンラインクレーンゲームアプリ「トレバ」新CM発表会が30日、東京都内で行われ、ご当地キャラクターのふなっしーが出席した。

 「トレバ」は、インターネットを通して遠隔操作を行い、いつでもどこでも本物のクレーンゲームが遊べるサービス。

 この日、背中から差し込んだスマホを使って、実際に同ゲームを体験したふなっしーは、3度目のトライで、2つの縫いぐるみを同時ゲット。「奇跡が起きた。自分が一番驚いているなっし!」と大興奮の様子だった。

 今回の起用に、ふなっしーは「CMは約1年ぶり。素直にすごくうれしかったなっし」と上機嫌。とはいえ「意外と忙しい。もっと休みたいんだけど、いろんなイベントに呼んでいただける。みんなに会えるのはうれしいなっし」と語った。

 一方、大阪の遊園地ひらかたパークで、着ぐるみショーの予行演習をしていた男性が熱中症で死亡したことについて、ふなっしーは「心が痛む。同じ仕事をしている仲間として『休憩と水分の補給は絶対にして』と伝えたい。主催者とか上の人がちゃんと管理しないと。ふなっしーみたいに自己主張ができない人もいるかもしれない」と訴えた。

 自身の熱中症対策については「(着ぐるみの)中に梨汁を入れて、収録中だろうがなんだろうが飲んでいます」と明かした。

 また「闇営業問題」で揺れる吉本の話題については、「巻き込まないで…」と逃げ腰だったが、共演経験のある加藤浩次の名前が出ると、「加藤さんは特に思い入れが強い。進退のお話とかされていましたが、とにかくうまいこと着地をしてほしい。応援しています」と語った。

 「自分は闇営業をしていない?」と聞かれると、「ふなっしーは会社とか組織に帰属してないので、全部直(ちょく)ですよ。ふなっしーは闇しかねーよ。ただ非合法な活動をしている方とは一切接触してないなっし」と強調した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング