【インタビュー】「連続ドラマW そして、生きる」有村架純 過酷な現場で女優人生初の弱音を吐露…、坂口健太郎も未知の体験を

エンタメOVO / 2019年8月5日 18時30分

有村架純(ヘアメイク:尾曲いずみ、スタイリスト:瀬川結美子)と坂口健太郎(ヘアメイク:廣瀬瑠美、スタイリング:檜垣健太郎(little friends))

 連続テレビ小説「ひよっこ」をはじめとする人間ドラマの名手・岡田惠和が紡ぐ究極のオリジナルヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」で主演を務める有村架純と坂口健太郎。「恩師」と仰ぐ岡田と5度目のタッグとなる有村だが、その撮影は過酷を極め、女優人生で初めて弱音を吐露。坂口も未知の体験をしたという。そんな現場での様子や、本作に懸ける思いなどを聞いた。2011年に起きた東日本大震災のボランティアメンバーとして、東北の被災地で出会った瞳子と清隆。過酷な運命のもとで強く美しく生きる2人の姿を、周囲の人々の人生も交えて感動的に描いた本作は、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』(17)などの月川翔が監督を務める。

-“ゴールデンコンビ”とも呼べる岡田さんと有村さんですが、今回、岡田さんが脚本を担当すると知ったときの率直な感想は?

有村 3月に放送された「ひよっこ2」の撮影が昨年12月だったので、こんなに短い間にまたご一緒できるのは特別だなと感じました。岡田さんは、このドラマを「命を込めて描いた渾身(こんしん)作」とおっしゃっていたので、その“ただ事ではない”思いに応えたいし、前作を超えるものを岡田さんにお返ししなければいけないという気持ちで臨みました。

-岡田さんは有村さんのことを「同志」とおっしゃっていますが、有村さんにとって岡田さんの存在とは?

有村 「はい、同志です」なんて言えません(笑)。映画デビュー作の『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)でご一緒させていただいてからずっと見守ってくださり、「ひよっこ」では1年間一緒に戦わせていただき、いつも自分を超えなければいけない作品をプレゼントしてくださる方です。一言では言えませんが「恩師」のような存在です。

-「ひよっこ」の谷田部みね子役は当て書きでしたが、今回はいかがでしたか。瞳子の心優しく明るい性格や、女優を夢見て奮闘する姿は有村さんと重なりましたが…。

有村 みね子を演じているときは「これは私のことを言っているな」と思うことはありましたが、瞳子にはあまりなかったです。私をイメージしたというより、「次のあなたを見せてくださいね」と言われている感じがしました。

-一歩前に進んだ自分を見せられましたか。

有村 そうですね。瞳子はこれまで演じたことのない女性で、男前な性格で、どんな状況下でも客観的な判断を潔くできる人です。自分だったら選べないような苦肉の選択もできるところは尊敬できます。そんな自分とは全く違う瞳子を生きた実感があり、それが達成感につながったので、そういう意味では成長したと言ってもいいのかなと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング