蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

エンタメOVO / 2019年8月23日 14時5分

池松壮亮(左)と蒼井優

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。

 本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情熱だけは半端ない熱血営業マンの宮本浩(池松)が、愛する人(蒼井)のため、絶対勝たなきゃいけないけんかに挑む姿を描く。

 池松は「二度とできないようなことをスタッフキャスト一同でやりました。もうあの瞬間には戻れない。それだけみんなのパワーを詰め込んだ作品です」と語った。

 また、共演者で麻薬取締法違反容疑にて逮捕されたピエール瀧にも言及し、「共演者として一番近くであの人を見ていましたが、あの人の目は本気でしたし、この作品にとんでもなく大きな力を注いでくれました」とコメント。

 続けて「ピエールさんが間違ったことをやったことには変わりはない。ただ私たちは人を罰する力を持つのであれば、もしかしたら、それ以上に人を許す力も必要なんじゃないかと個人的な見解で思っています。なんとか立ち上がって、また映画の現場で会えることを願っています」と思いを語った。

 一方、山里亮太と結婚後、初の公の場への登場となった蒼井は、観客から「結婚おめでとう」と祝福されると、「ありがとうございます」と幸せそうな笑顔で応じた。

 蒼井は「池松くんの話を聞いた後に、自分の存在が不謹慎のような気がしますけど…」とやや恐縮しながら、「ピエールさんについて何か一言、言えることがあるとしたら、私たちはこれからも映画を作り続けます。待ってるとも言えない。でもせっかく出会ったんだったら、またお互いの人生が交差するときがきたら…」と語った。

 本作については、「生半可な気持ちでは立ち向かえない作品。ボロボロになりながら、平成の終わりにみんなで挑みました」とアピールした。

 映画は9月27日から全国公開。


(左から)真利子哲也監督、一ノ瀬ワタル、池松壮亮、蒼井優、井浦新、新井英樹氏

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング