宮崎駿が歌舞伎舞台化を快諾 尾上菊之助、ナウシカ役に「武者震い」

エンタメOVO / 2019年9月30日 15時37分

ナウシカ役を演じる尾上菊之助

 新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」制作発表記者会見が30日、東京都内で行われ、出演者の尾上菊之助と中村七之助、スタジオジブリの鈴木敏夫氏ほかが登壇した。

 本作は、1984年にアニメ映画化された、宮崎駿氏の名作漫画を基に、映画版では描かれなかった全7巻の壮大な物語の全てを昼の部・夜の部通しで上演するもの。宮崎作品、スタジオジブリ関連作品の歌舞伎舞台化は史上初の試みとなる。

 本公演を発起し、ナウシカ役を演じる菊之助は「武者震いをしております」と率直な思いを口にすると、「今も準備や打ち合わせが盛りだくさんでございますが、ジブリの作品に寄り添い、歌舞伎ファンの方にも納得していただける、そしてジブリファンの方にも絶対に納得していただける作品にしようと、鋭意制作しています」と言葉に力を込めた。

 本作はあくまでも古典歌舞伎の手法にこだわった演出を目指して制作されており、菊之助は「脚本は原作を忠実に描いているので、そこでどう歌舞伎味を出していくのか。その合流地点を探すのが醍醐味(だいごみ)です」とその難しさにも言及した。

 また、鈴木氏は、今回の歌舞伎舞台化が決定した経緯を「当初、僕は宮崎がこれに対してどういう反応をするか、と(不安だった)。というのは、宮崎の中で、これが一番大事な作品だったんです。精魂込めて、自分の持っているものを全てぶつけた作品で、僕はそばにいて、彼の中心にあるのは全てこのナウシカだということが分かっていたんです。これまでにも(各方面から)いろいろ頼まれましたが、全部断ってきて、ハリウッドの実写化も断った。なぜか彼は(歌舞伎舞台化は)やろうと言ってきた」と明かし、「期待しています」と笑顔でコメントを寄せた。

 舞台は12月6日~25日に都内・新橋演舞場で上演。


中村七之助(左)と尾上菊之助

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング