【インタビュー】「キレイ-神様と待ち合わせした女-」阿部サダヲ、大河ドラマ主演を経て臨む舞台「新しい気持ちで挑もうと思う」

エンタメOVO / 2019年10月8日 12時0分

マジシャン役の阿部サダヲ

 2000年に大人計画を主宰する松尾スズキによる本格ミュージカルとしてBunkamuraシアターコクーンで初演されて以降、再演を重ねている「キレイ-神様と待ち合わせした女-」。12月4日からは、キャストを新たに4度目の上演がスタートする。戦争・民族紛争・少女監禁といった独特な設定やストーリーを、松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えた本作に、初演時から出演し、今回はマジシャン役を演じる阿部サダヲに、公演への意気込みを聞いた。

-4度目の出演が決まったお気持ちは?

 4度目ではあるのですが、毎回同じ役ではないので、すごく新鮮に感じています。まさか自分がマジシャンという役をやると思っていなかったのでこの役をやれることも、そして、初演時に僕が演じたハリコナという役を、今回は神木(隆之介)くんがやるのも楽しみです。僕が初演でハリコナを演じたときは、30歳だったのですが、改めてすごいことだなと思っています。初演から20年近くたっているということですから。

-阿部さんが思う、本作の魅力は?

 何回上演しても面白いし、色あせないことだと思います。20年近く前の作品なのに、現在に通じるような事件が描かれていて、古い作品だと思えない。場所も特定していないし、時代も分からない作品ですが、だからこそ、いつの時代にもマッチする。なんとも不思議な作品だと思います。今回、マジシャンを演じるので、マジシャン側で考えてみれば、マジシャンのような事件を起こす人も世の中にはいるでしょうし、彼のような悲しい人、思いがかなわない人も現在にも存在すると思うので、共感できる部分もあるのではないかと思います。

-今現在、マジシャンという役をどのように捉え、どんなところを意識して演じようと思っていますか。

 今までまったく意識していなかったから、全部意識していますよ(笑)。でも、(本作は)これまで3回上演されていますが、3回ともマジシャン役は違う方がやっていて、三者三様だったと思うので、やりようはたくさんあると思っています。

-本作では、これまではご自身も出演されていた松尾さんが演出に専念されるそうですね。

 初めてなんですよね、演出に懸けているというのは。なので、実際にはどうなるかは分からないですが(笑)、ただ、本気のミュージカルをやろうとはしているんだと思います。まあ、本気とはいっても、松尾さんは本気でおかしいことをやるのが大好きなので、笑いの部分でも持ってくるのかなと思いますが。いずれにしろ、今までの焼き直しではないと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング