【インタビュー】ドラマ「トップリーグ」玉山鉄二 新時代の俳優に必要なものは「企画力」

エンタメOVO / 2019年10月3日 15時59分

ヘアメイク:TAKE▲for▲DADACuBic@3rd/スタイリスト:袴田能生(juice)

 総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだ「トップリーグ」と呼ばれる記者を主人公に、メディアと権力の裏側を描いた衝撃的政治サスペンス「連続ドラマW トップリーグ」。主演の玉山鉄二が、本作を通して改めて考えさせられたという“情報”との向き合い方や、エッジの効いた作品を制作するWOWOW同様、これからの時代、役者にも必要とされる“企画力”について語ってくれた。

 原作は、食肉偽装問題を扱った「震える牛」、巨大企業の不適切会計問題を描いた「不発弾」など、社会の闇をえぐりだす作風で注目される相場英雄の同名小説。首相官邸を舞台に、大和新聞のトップリーグ・松岡直樹(玉山)と週刊誌のエース記者・酒井祐治(池内博之)が、日本史上最大の疑獄事件の謎に迫るとともに、官邸のタブーに鋭くメスを入れるさまが描かれる。

 「政治家と記者の癒着が描かれていて、一人の記者が一人の議員によって政治の世界に飲み込まれて自分を見失う物語」と捉えた玉山は、「新聞記者と議員という関係はニュース性やドラマ性が高くて大きな出来事に感じられますが、小さな癒着はどこの世界にでもあるから、作品としてのハードルは意外と低くて見やすいんじゃないかな」とアピール。

 普段から、政治家や政治部の記者と交流し、「気さくに政治や国会での話、理想論などを話してくれて有意義な時間を過ごしています」と語るが、その玉山でも「トップリーグ」の存在を知らなかったそうで、「政治ジャーナリストや記者が、ニュース番組などで『トップリーグと呼ばれる記者が、議員から直接情報をもらうことがある』という話をしているのを聞いたことがないですよね。なぜだろう?それってパンドラの箱なのかな」と首をかしげると、「僕たちが知っている政治の“情報”が出来上がるまでに、いろんなプロセスがあるのかもしれないですよね」と勘繰った。

 また、「日本は特にテレビの影響力は大きいですよね。世界中探しても、テレビ局と新聞社が同じ母体というのは日本だけ。そう考えるとちょっとゾッとしませんか?」と現メディア体制に危惧を覚えていることも打ち明けた。

 だからこそ、「政治ニュースに限らず、情報に対して疑ったり、斜めに見たりして、自分の中でイマジネーションを広げることが、これからの時代には必要なのかも」と考えをめぐらすと、「今までは不適格で不鮮明な情報でも『出しちゃえ!』となっていたかもしれないけど、SNSが普及した今は、その情報が間違っていたり、うそだったりしたときに炎上したり、取り返しのつかない事態になるから、情報を出す方も受ける方も変わっていかなければいけないですね」と慎重な姿勢も見せる。父親でもある玉山は、子どもにも「メディアやSNSから、たまたま情報を得るのではなく、自分からつかみにいくことの大事さ」を教えているのだとか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング