アンジェリーナ・ジョリー「多様性を重んじることが大事」 「闘うことで前進する」

エンタメOVO / 2019年10月4日 8時8分

(左から)サム・ライリー、アンジェリーナ・ジョリー、MIYAVI

 映画『マレフィセント2』ジャパン・プレミアが3日、東京都内で行われ、出演者のアンジェリーナ・ジョリー、サム・ライリー、MIYAVIが登壇。集まった約1100人の観客を熱狂させた。

 本作は「眠れる森の美女」に隠されていた禁断の呪いを描き、全世界で大ヒットを記録した『マレフィセント』(14年)の続編。

 前作でのプロモーション以来、5年ぶり9度目の来日となったジョリーは、レッドカーペット上でサインや写真撮影に応じ、熱心にファンサービスに努めた。また、長男マドックスと長女ザハラとのスリーショットも披露した。

 本作のテーマについてジョリーは「家族というのは決して血のつながりではないということ。多様性を重んじることが大事。私たちはみんなが一つになれたときこそ、一番強くなれるというメッセージを込めました」と説明した。

 「演じたマレフィセントはどんな存在?」と問われると、「少しワイルドで、常に自由を求めている彼女ですが、恐らく誰もが彼女の要素を持っている。誰もが生きる中で、傷ついたり、つらいことがあるけれど、闘うことで前進するのです。人に何を言われようと…」と力強く語った。

 ジョリーと前作でも共演したライリーは「彼女は私が出会った中で最もチャーミングな女性の一人。才能にあふれているだけでなく、とても温かくて疲れ知らず、ハードワーキングな人なんです」と紹介。

 MIYAVIも「彼女の作品に懸ける強い情熱をそばで見てきました。種族や価値観を超えて、認め合い、共存していくことの尊さを伝えたい、そんな彼女の思いに共鳴して僕たちはここにいます」と語った。

 最後にジョリーは「皆さんの期待を超える作品であればうれしいです」とアピールし、「皆さんの心に響くような作品であったならば、再びこの『マレフィセント』を届けることができるかもしれません」と語った。

 映画は10月18日から公開。


(左から)長女ザハラ、アンジェリーナ・ジョリー、長男マドックス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング