【インタビュー】映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆“20代の代表作”にする気概で真っ向勝負!「自分をさらけ出す挑戦でもあった」

エンタメOVO / 2019年10月10日 14時27分

CMディレクターの砂田を演じた夏帆

 「今までで一番やりたい役に出会えた」。夏帆が充実感にあふれた表情を見せる作品は、いつの間にか大人になってしまい、いろいろな葛藤を抱えながらも懸命に生きる全ての人たちに送る、共感度MAXの映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(10月11日公開)。しかし夏帆といえば、『天然コケッコー』(07)、『海街diary』(15)など、過去にもさまざまな素晴らしい作品や役と巡り合ってきている。本作に特別な思いを寄せる理由とはなんだろうか…?

 上手に生きているように見えて、実は不器用で、心は完全にすさみ切ったCMディレクター砂田(夏帆)が、自由奔放な“秘密”の友達・清浦(シム・ウンギョン)を連れて、祖母の見舞いのために大嫌いな地元・茨城に帰り、本当の自分を見つけて成長していく姿を描いた本作は、『嘘を愛する女』(18/中江和仁監督)、『ルームロンダリング』(18/片桐健滋監督)など、新進気鋭の若手映像作家を生み出すプロジェクト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」で、2016年審査員特別賞に輝いた。CMディレクターとして活躍する箱田優子の第1回監督作だ。

-「今までで一番やりたい役に出会えた」と感じたそうですが、その真意を聞かせてください。

 今の自分で真っ向から勝負して、20代の代表作になるような作品を作りたいと考えていたときにこの映画と出会いました。オファーを受けた当時というよりは、演じているうちに砂田と自分に重なる部分が多いと感じて他人とは思えず、徐々に「こういう役をやりたかったのかもしれない…」と思うようになりました。

-重なる部分とは?

 いろいろあります。自分ではうまくやっているつもりでも、実はできていない不器用なところや、子どもの頃に思い描いた自分になれているのか? という葛藤、気がつけば自分も親も年を取り、祖父母は死に向かっていて、その時間の流れを止められないことに焦っているところなどが重なります。

-人生や仕事に対しても迷いや悩みはありますか。

 そうですね。20代になってからずっと、この先どう生きるべきか? と考えているし、どういうふうに仕事と向き合い、どんな役をすべきか、そして自分に合うものは何だろう、自分にしかできないものは何だろう、などと考えています。そんな迷いを抱えているからこそ、砂田は今の自分にしか演じられなかったのかもしれません。

-演じる中で、ご自身と砂田がシンクロする瞬間もあったのでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング