【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

エンタメOVO / 2020年7月1日 6時38分

本作でデビューを飾った奥平大兼

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本作でデビューを飾る16歳の奥平大兼。演技初挑戦ながら、オーディションで大役をつかんだ期待の新星が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

-オーディションに合格したときの気持ちは?

 驚きしかありませんでした。なぜ自分が受かったのか分からなかったので、うれしさよりも、「どうして?」という気持ちの方が大きかったです。

-その時点で、長澤まさみさんが母親役ということはご存じでしたか。

 知りませんでした。後から他の出演者の方の名前を聞き、「こんなすごい人たちとやるの?」と、プレッシャーを感じました。長澤さんとは、衣装合わせのときに初めて会いましたが、めちゃめちゃ緊張して、目も合わせられませんでした。学校でも、女の子の友だちは1人だけで、女性と話すことに慣れていないのに、いきなり長澤さんが相手ということで、ものすごくハードルが高かったです(笑)。

-とはいえ、劇中では完全に親子の距離感が出来上がっていますね。

 最初は、長澤さんに近づくことすら怖かったんです。役的にも怖かったですし、長澤さんに“触れる”ということ自体が恐れ多くて…。でも、長澤さんが「大丈夫だよ」とおっしゃってくれたので、僕も「それなら…」と、気持ちを切り替えることができました。失礼のないように…ということだけは気を付けて、それ以外はできるだけ普通にするようにして。そうやって空き時間に話をしたりしながら、距離を詰めていけたかなと思います。

-演技初挑戦ということで、撮影前に大森立嗣監督とワークショップをやられたそうですね。

 4回ぐらいやりました。最初の2回は、荒巻(全紀/周平が働く造園会社社長・松浦役)さんと僕との、普通の会話を監督が台本にして、会話をしているときは自然だけど、それを台本にしたらどうなるか…という感じで。そうしたら、やっぱり自然な感じにならなかったので、できるだけ自然にできるように…ということをやっていきました。残りの2回は、『MOTHER マザー』の台本を中心に練習しました。

-その手応えは?

 全くありませんでした。演技の経験はなくても、「最低限こういうことをするんだろうな」ということは分かっていたつもりですが、実際にやってみると、全くできなくて。「こんなこともできないんだ」と、かえってネガティブになってしまいました(苦笑)。だから、撮影に入るのは不安でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング