【インタビュー】映画『彼女は夢で踊る』加藤雅也「低予算の地方の映画に出るときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義がある」

エンタメOVO / 2020年10月19日 6時3分

ストリップ劇場の社長を演じた加藤雅也

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴丈)の恋に思いをはせる。『シネマの天使』(15)で、閉館する実在の映画館を描いた時川英之監督が、今回は広島に実在するストリップ劇場を舞台に、現在と過去を交差させながら、主人公の心境や、ストリッパーたちの心意気を描いた『彼女は夢で踊る』が、10月23日から新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーとなる。本作でストリップ劇場の社長を演じた加藤雅也に、映画への思いや、役作り、広島の印象などを聞いた。

-今回は企画の段階から参加したそうですが、どのような経緯だったのでしょうか。

 ちょうど自分がDJの仕事を始めた頃に、時川監督と横山雄二さんの『ラジオの恋』(14)という映画があることを知って、興味を持ちました。それで監督とお会いして縁ができました。それから1年後ぐらいに、たまたま映画のキャンペーンで広島に行って再会したときに、横山さんから「老舗のストリップ劇場が閉館する」という話が出ました。それで「映画の役割の一つとして、みんなの思い出の場所である建物を映像の中に残すというのがある。それをやってみないか」となったのが始まりです。

-これまでにないストリップ劇場の社長役。もじゃもじゃ頭に、眼鏡にひげ、広島なのになぜか関西弁と、随分と作り込んだ印象を受けましたが。

 言葉は、実際の館長が大阪から広島に来た人なので特に作ってはいません。でも外見は、僕が「これならストリップ劇場の館長に見えるかな」とイメージした形で作りました。それと、こういう役は、東京のメジャーの作品では僕にオファーは来ません。なので、こういう地方発信の映画でお話を頂いたときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義があるわけです。「こんな役もやれる」というプレゼンテーションの意味もあります。だから、いつもと変わらない風貌で、同じようなことをやったのでは面白くないし、役者としていろいろな形を表現する、という意味ではプラスになると思います。今回はいろいろなことが表現できたので、やっていてとても楽しかったです。

-自分の若き日を演じた犬飼貴丈さんの印象は?

 事務所の後輩でもある犬飼が出ていた昼ドラを見たときに、「透明感があって、日本にはあまりいないタイプの俳優だ」と感じました。それで、「この役には彼が合っていると思うから一度会ってみて」と監督に推薦しました。監督は別の人にも当たっていましたが、犬飼と会った瞬間に「この人でいきます」と。犬飼はまだ「仮面ライダー」に出る前でしたが、彼の持っている純粋さがよく出ていたと思います。それで、同一人物なのに、犬飼と僕の表現が違い過ぎると言われたら、その通りなんですが、純粋にストリップや踊り子を愛した人間が、僕が演じた人間になるまでの何十年かの間には紆余(うよ)曲折があるので、それが同じではおかしいわけです。変わるところに人生が見えるので、今回は彼の持つ純粋さがなければ駄目だったと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング