「極主夫道」で玉木宏らがハロウィーン仮装 「極道版の桃太郎が最高に笑えた」

エンタメOVO / 2020年10月26日 11時22分

(C)読売テレビ

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が、25日に放送された。

 本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘するコメディー。

 第3話では、娘(白鳥玉季)が通う小学校の“PTA組”に入門した龍が、ハロウィーンのお楽しみ会に参戦。龍が子どもたちに、サイコロを使った賭博「半か丁か」を教える出し物や、極道版の桃太郎劇を披露するなど、ハチャメチャの展開となった。

 放送中、SNS上には「玉木くんの顔芸というか表情筋がすごい」「春奈ちゃんがかわいい。癒やしです」「みんなキャラが濃くて大好き」「今週も笑い転げてる」などのコメントが投稿された。

 ハロウィーンのお楽しみ会で、龍が演じた桃太郎が「やっぱりシャバはええのう~」と言いながら、桃から誕生すると「こんな桃太郎、怖いわ(笑)」「これ、子どもが見たらいけない桃太郎でしょ」という突っ込みや、「ハロウィーンで桃太郎って、めっちゃ笑える」「極道版の桃太郎が最高に笑えた」などの反響が寄せられた。

 次週の予告編で龍と妻・美久(川口春奈)の過去が明かされることが判明すると、「2人の出会いが気になる」「2人の過去編だなんて、来週が楽しみ過ぎる」「来週も絶対見たい」などの投稿が見られ、2人の出会いに注目が集まった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング