1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【インタビュー】ドラマ「うきわ -友達以上、不倫未満-」門脇麦「『浮気はしちゃ駄目、浮気するぐらいなら別れた方がいい』という気持ちが強まりました」

エンタメOVO / 2021年9月13日 8時5分

二葉を演じる森山直太朗(左)と主人公・麻衣子役の門脇麦(C)野村宗弘・小学館/「うきわ -友達以上、不倫未満-」製作委員会

 毎週月曜午後11時6分からテレビ東京系で放送中のドラマ「うきわ -友達以上、不倫未満-」。本作は、野村宗弘氏の漫画『うきわ』が原作。社宅のベランダを舞台に、平々凡々と生きてきた、自称“可もなく不可もない”主人公・中山麻衣子と、隣室に住む夫の上司・二葉一の「不倫まで壁1枚」という危うい関係を描く大人のラブストーリー。主人公の麻衣子を門脇麦が、相手役の二葉を森山直太朗が演じ、麻衣子の夫・拓也を大東駿介が演じる。劇中で、夫の浮気に見て見ぬふりをしながら、二葉に引かれていく麻衣子を演じる門脇に、ドラマ後半戦の見どころや、森山との撮影時のエピソード、「不倫」をテーマに描く本作の撮影を経て感じたことなどを聞いた。

-門脇さんが演じる主人公の麻衣子は、平々凡々に生きてきた女性ということですが、「普通の女性」を演じる難しさはありますか。

 この役に限らずですが、そもそも私は「普通の人」って絶対にいないと思っているので、今回も普通の役だと思って演じてはいなかったです。ただ、麻衣子さんが何となく生きてしまった理由について考えたり、思いを巡らせながら演じました。

-門脇さんが泳いでいるオープニングのシーンが印象的ですが、どのように撮影されたのでしょうか。

 実際に海の中に入って、水中カメラマンの方と一緒に、2日間掛けて撮影しました。すごく深い海に見えていると思うのですが、実際は水深2メートルぐらいの所で。私は人並み程度には泳げるのですが、今回はワンピースの重ね着をした衣装で水中に入って撮影したので、そこがすごく難しかったです。

-麻衣子と二葉はベランダで徐々に関係を深めていきますが、ベランダシーンの撮影で、印象に残っていることはありますか。

 顔を見ないでお芝居するというのは、いろんなことを想像しますし、あのシチュエーションは関係が深まるだろうなと思いました。顔が見えないからこそ話せることがあったり、電話とも違って相手の呼吸までは聞こえるので、浮気はよくないと思いますが、なるほど、これは好きという感情が芽生えたりするだろうなと、演じていて感じました。

-劇中では、夫の拓也に浮気をされた麻衣子は、夫を攻め立てるわけでもなく、静かな悲しみの中にいてけなげに見えるのですが、門脇さん自身が「サレ妻」という、麻衣子の立場になったらどうしますか。

 私だったら速攻で相手に言うか、実地の証言を取って、きちんと突きつけます(笑)。私はどちらかと言うと、白黒決めたいタイプなので、麻衣子さんはなぜ? って不思議だなと思いました。なので、今回は共感しづらいというか、非常に演じることが難しかったです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング