1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

エンタメOVO / 2024年2月14日 17時36分

川津明日香(左)と長妻怜央 (C)エンタメOVO

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラソンランナーが織りなす“ピュア甘”ラブストーリー。

 本作で、女たらしとうわさのパティシエ・梶佑輔役を演じる長妻と、ランナーとしての現役引退を機に一流ホテルのスタッフとして働き始める佐原瑞月役を演じる川津が、ドラマの魅力や胸キュンしたせりふ、バレンタインデーの思い出などを語ってくれた。

-お2人が演じている役の魅力を教えてください。

長妻 梶はパティシエとしての夢を追って頑張っている役柄で、寡黙なところが魅力だなと思います。僕は心の声と口がつながっているタイプで全部言ってしまうので、梶が本当は努力していながらも、それを口に出さずに頑張るところがカッコいいなと思います。

川津 瑞月は元マラソンランナーで、ホテルのベルスタッフとして働いている女の子です。梶さんが同じホテルで働いていて、そこが出会いのきっかけになります。原作を読んだときは真っすぐで、すれていないところが魅力だなと感じました。

演じる上で工夫したことはありますか。

長妻 僕はせりふがすごくキザなので、できるだけトーンを落として、手のひらからサラサラと落ちる砂のように、爽やかに言うように気を付けました。「お前のこと愛しているぜ」というせりふも言い方によってはキモくなってしまうと思うので、できるだけさらっと「好きだよ」と。自然な言い方を練習しました。

川津 私は元ランナーとして走るシーンがあったり、仕事のときはホテルのスタッフとしてピシッとしてないといけないので、走り方や仕事での立ち振る舞いはクランクイン前に練習しました。瑞月は梶さんと仲良くなって、お付き合いをするようになっても言葉遣いがきれいなので、せりふの言い方も気を付けました。

-役柄とご自身が似ているところ、反対に似ていないと感じたところはありますか。

長妻 お仕事を一生懸命頑張るところは一緒だと思います。僕も仕事に集中すると結構周りが見えなくなって、ご飯を食べるのを忘れてしまったり、お風呂に入らないで寝てしまったりするので(笑)。反対に、女の子に冷たくしてしまうところは似ていないと思います。僕は男女に限らず楽しくお話したいタイプなので、もし梶が女の子に冷たく言っていたら僕は梶を怒ります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください