占い×音楽の新感覚!! 音楽ユニットnoitaが届ける“音楽による魔法の処方箋”

占いTVニュース / 2014年6月7日 21時0分

写真

 占いのコンセプトを取り入れた、今話題の音楽ユニット「noita(ノイタ)」。占いでも使われる四大元素(エレメント)「火・地・風・水」をテーマにしたアルバム『essential element enlightenment(e.e.e.)』は、「なぜか心が落ち着く」「仕事がはかどる」と、発売以来リスナーの口コミでどんどん拡散中。いわゆる“癒やし系音楽”のイメージを覆すダンスミュージック系サウンドは、「ありきたりなエレクトロでも、つまらないヒーリングでもない、まったく新しい形の音楽表現を追求する」というコンセプト通りの次世代ヒーリングミュージック! そんなnoitaのコンセプトプロデューサーで占い師としても活動するアイビー茜さんに、ユニット誕生のきっかけやコンセプト、占いと絡めた楽しみ方を聞きました。
 
――オシャレな曲ですね! 「占い×音楽」=ヒーリング音楽を想像していたので、いい意味で驚きました。iTunesダンスチャート21位にもチャートインしたという音楽的評価の高さにも納得です。ダンスミュージックなのになぜか落ち着くのは初めての体験でした。
 
アイビー茜(以下、アイビー) ありがとうございます! これまで癒やしの音楽といえば、ヒーリングミュージックや自然音しかありませんでした。確かにそれも癒やされるけれど、「リラックス=緩む」だけが癒やしではないと思うんです。癒やされるものは人それぞれ。自然も好きだけど、クラブではしゃぐのも好き。癒やされる音楽はこういうもの、という固定概念を覆したいという狙いもありました。私自身、「占いをもっと現代風に、2014年の東京の占いをしたい」と考えているので、オシャレと言っていただけるのはうれしいです。
 
――占いをコンセプトにした音楽ユニット「noita」結成のきっかけを教えてください。
 
アイビー 以前から、普段の生活に取り入れられる、意識を変えるためのツールがほしいと思っていて。占い師として対面鑑定をする上で感じたのが、「カウンセリングはできても、“処方箋”は出せないということ」。そこで、「気分を変えるのに最適で身近なツールは音楽だ!」と思いつきました。noitaが目指しているのは、その場を一変させ、違う次元に変える“音楽による魔法の処方箋”。twitter上の知り合いだったサウンドプロデューサーのMakoto Yamaguchiへ声をかけて、ユニットとして始動しました。
 

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング