【心理テスト】なくした片方の靴下、どこで発見した? 答えでわかる整理するべきもの

占いTVニュース / 2019年5月21日 18時0分

写真

 整理整頓が大事だとわかっていても、なかなか進んでできないものです。そして整理するものは、目に見えるものだけにはとどまりません。あなたの整理すべきものは何でしょうか。心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 なくしたもう片方の靴下が意外な場所から出てきました。それはどこ?

A:テレビの裏
B:ソファのすみ
C:脱衣所
D:押し入れ

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「整理するべきもの」
 靴下があった場所は、普段あまり整理していない見つかりにくい場所。選んだ場所で、あなたの整理するべきことがわかります。

■A:テレビの裏……情報
 テレビは身の回りにあふれる情報をあらわします。テレビを選んだあなたの整理すべきものは、今ある無数の情報です。「これは使える!」「知っておくと便利だ!」そんな風に興味の湧いたものを集めるだけ集めて、実際は活かせていないのでは? 情報は身につけて活かさなければ、知恵にも知識にもなりません。まずはむやみに増えるブックマークの整理からしてみましょう。必要でかつ正しい情報だけに絞ってみてください。

■B:ソファのすみ……交友関係
 ソファは家族と一緒にくつろぐ場所で、交流をあらわします。ソファを選んだあなたの整理すべきものは、交友関係です。友達は多ければ多いほどいいというわけでもありません。絞ってお付き合いすれば、お互いに理解して支え合える本当の友と心を通わせることができます。まずはSNSでつながっている友達リストや、アドレス帳の見直しをして、密度の濃い充実した人間関係を作っていきましょう。

■C:脱衣所……衣類
 服を脱ぎ着する脱衣所は衣類をあらわします。脱衣所を選んだあなたが整理するべきものは、衣類です。洋服はそれぞれに思い入れがあるものですが、実際に活用しているものは実は数枚だけなのでは? あなたを本当に輝かせるあなたらしい服はどれなのか、一度断捨離をして、不要なものを見極めてください。誰かにあげたりフリマアプリで売ってしまうのも、衣類の処分にはいい方法でしょう。

■D:押し入れ……思い出の品
 押し入れは長い期間物を入れておく場所で、思い出を象徴します。押し入れを選んだあなたが整理すべきものは、思い出の品です。写真や手紙などの思い出にまつわるものは、当時の感覚が蘇ってくるような気持ちにさせられます。しかしため込み過ぎてしまっては、きちんと取っておくこともできません。一度見直して、不要なものは処分しましょう。デジタルデータにしておくと場所も取らずにすみそうです。

 物の整理は気持ちの整理にもつながります。片付けをしてすっきりすると、物にまつわる気持ちもすっきりしてきますので、一度見直しの時間を設けてみましょう。
(大柴あまね)

>>NEXT:【心理テスト】どのトイレに入るかでわかる、あなたが嫌なことを忘れる方法

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング