星座グループ別【正攻法】牡羊座・獅子座・射手座は信念を貫くこと!

占いTVニュース / 2019年6月19日 12時0分

写真

 正々堂々と勝負するための正攻法。何かに挑むときは、どんなことであろうとリスクが伴いますが、自分にとっての正攻法がわかれば、汚い手を使わずに、目標を勝ち取ることができるはずです。今回は、星座グループ別に正攻法をみてみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……信念を貫く
 決めたことをまっすぐに貫く火の星座グループです。一見、無謀に思える行動で唐突な挑戦に挑む背景には、火の星座の決意があるでしょう。この決意を持ち続けること、ブレずに信念を貫くことが、火の星座グループの正攻法になります。信念をしっかり固めておけないと、思いつきのままやみ雲にことにあたる身勝手な人になってしまうからです。精神力が決め手になります。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……じっくり取り組む
 慎重にことにあたる地の星座グループです。失敗しないように注意を払い、計画的に成功への道を歩んでいくでしょう。焦りから自分を見失ってペースを乱してしまうと、成功への道が途絶えてしまいかねません。しっかり現実を見つめながら、じっくり取り組んでいくことが、地の星座の正攻法です。時間がかかっても、揺るぎない基礎を築いて育てていくことで大成できるでしょう。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……独自の視点を持つ
 新しいニュースに敏感な風の星座グループです。周囲の変化に目を向けている分、周りの目が気になってしまうことがあるでしょう。みんなはどうするのか? 自分は外していないか……といった他者目線を気にしてしまうと、何もできなくなります。風の星座の正攻法は、独自の視点を持つことです。周りを知るからこそわかる違いが、新たなアイデアを生み出す原動力になるでしょう。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……愛を大切にする
 心の充実が欠かせない水の星座グループです。成功しても、大切にしている人が喜んでくれないときや、成功のために誰かのことを犠牲にするなど、心に影を落とすことをしてしまうと、後悔やモヤモヤを後々まで引きずるでしょう。心から成功したと思うためにも、愛を大切にすることが正攻法に欠かせません。周りの人への労いを忘れず、支えになってくれる人と協力しましょう。

 傍から見た成功と、本人が感じる成功の度合いが同じとは限りません。個人の満足度もありますが、到達したことに満足して終わりの人と、次の目標に向かおうとする人もいます。目標を立てずに成功をつかむ人もいるでしょう。
(LUA)

>>NEXT:星座グループ別【短所の活かし方】蟹座・蠍座・魚座は心配を「気づき」として活かして!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング