12星座【闘魂】ランキング 牡羊座は恋人に対しても負けてなるものかと戦闘モード!

占いTVニュース / 2019年7月7日 12時0分

写真

 人を前にすると、なぜだか対抗意識を燃やし、相手をいい負かそうとする人もいます。そういうキャラクターなので、「あ、また始まった……」と思われていることも多いでしょう。そんな好戦的なモードに入りやすいタイプを12星座でランキングしてみます。

■第1位 牡羊座……恋人にまで燃やす闘魂
 勝ち負けと聞くと、すぐに鼻息を荒くする牡羊座。自分が負けるなんて、そんな屈辱的なことは想像すらしたくないのでしょう。交際中のラブラブの彼から「仕方がないなあ、俺がやってやるよ」という態度をされたり、「こうしたいほうがいいよ」とアドバイスをされたときでも、「バカにされた!」と闘魂を燃やすことがあるという、生粋のファイターです。負けてなるものかと思ったら、いつでもどこでも戦闘モードに突入します。

■第2位 蟹座……自分と仲間以外を敵視する闘魂
 母性を自負する蟹座には、熱い闘魂がそなわっています。愛する者への攻撃は、母なる蟹座からすると、絶対に許せないものなのでしょう。即座に臨戦態勢に入り、闘魂を燃やし始めます。実は、この闘魂スイッチ、蟹座自身を守るためにも押されます。味方(自分と仲間)VS敵(その他)……というように、蟹座にとって世の中は、二分化できるものなのかも。異論を聞いただけで声が上ずるのは、その一瞬だけでも敵対視された証拠でしょう。

■第3位 乙女座……やさしさと親切の裏で燃やす闘魂
 意外に思うかもしれませんが、乙女座の闘魂はかなりのもの。気が利いてやさしい乙女座の裏には、「私がいないと本当にみんなダメね!」という自信にあふれる乙女座がいるのでしょう。何度注意してもダメな人や、乙女座のやることを邪魔してくる人、乙女座の常識から外れる人に苛立ち、闘魂を燃やします。いつものやさしさはどこへやらと思うくらいの豹変ぶりで、辛辣な発言をするでしょう。ターゲットにされたときは一大事に!

 第4位は、蠍座。12星座でピカイチの執念深さを誇る闘魂は、一度燃え始めたら地獄の果てでも燃え続けるでしょう。第5位は、ヒエラルキーの頂点を目指す山羊座。失敗や屈辱を糧に闘魂を燃やし続けます。

 第6位は、毎日を忍耐で過ごす牡牛座。闘魂と無縁に思えますが、実はためた鬱憤を闘魂として爆発する気持ちのいい日を狙っているのです。第7位・自尊心を大切にする獅子座は、心外さを感じればすぐに闘魂に火がつきます。

 第8位の射手座は、必要があれば迎え撃つタイプ。自ら闘魂を燃やすわけではないでしょう。第9位・無駄死にはしないという極論の水瓶座は、最後の段階で闘魂を燃やしますが、そのときはすべてを破壊して終わらせる覚悟です。

 第10位の天秤座は、闘魂を燃やす人が好きなのか、人を戦わせるのが好きなのも。「私のために争わないで」といいながら、満足の笑みを浮かべているはず。第11位は、魚座。戦うべきどうか迷い、闘魂を使う勇気が不足しているのかも……。

 そして第12位は、状況に応じて賢く動く双子座。戦って傷つくのはごめんなのでしょう。ひらひらと身をかわしながら、いつも安全なところに逃げ込みます。勝ち馬選びのセンスにも長け、戦いは人任せに。闘魂を使う場を逃れながら、守備のいいほうに転がるでしょう。

 闘魂は、誰にも備わっているでしょう。どんな才能やセンスにもいえることですが、頻繁に活用することで活性化されます。闘魂も同じで、燃やす頻度の低い人は、いざというときに使いこなせるかどうかが懸念されるでしょう。
(LUA)

>>NEXT:12星座【恋に落ちる瞬間】あるある 牡牛座は相手の美声に、魚座は頭ぽんぽんで陥落!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング