【開運作法/第9回】オシャレは「似合う」を意識、外見を変えることで運気も動く!

占いTVニュース / 2019年8月26日 20時30分

写真

――いい運を引き寄せ「強運体質」になるためには、日々の暮らしや考え方にひそむ「開運の法則」を知ることが大切です。運気アップにつながる小さな習慣を実践することで、どんどん運がひらけていきます。それはいわば、神様に願いを聞いていただくための「作法」といえるのです。

 スピリチュアルカウンセラー瀧天貴が、成功と幸せをもたらす「開運作法」を紹介します!

<第9回>
ファッションの開運作法~外見を変えることで意識が変わり、運気も動く

 強運を引き寄せるには、日頃のファッションも重要です。楽だから、時間がないからといって無難な服ばかりを選んでいると、運気は停滞してしまいます。まずは外見を変えることで自然と自分の中の意識も変わり、その気持ちが開運へとつながっていくのです。

■似合う服を着れば、自分に自信が持てる
 ファッションを変えるのは、意外と難しいもの。なぜなら、服装にはあなたの育った環境が反映されており、自分の好みというよりは、長年の習慣や安心感から無意識に選んでしまうことが多いからです。顔や体型、肌の色が違えば、当然似合う服や色も変わります。自分にふさわしいファッションを、とことん探してみましょう。また、「色白」「美脚」など、長所を見つけてその部分を強調してみてください。そうして自分に自信を持つことで、周囲に対して自然と心を開けるようになり、運気もアップします。

■黒い服は控え、明るい服を選んで
 人は「暗さ」よりも「明るさ」に自然と目がいきます。特に「黒」は、自分の心を隠してしまう色です。周囲に明るい印象を与えるためにも、自分をさらけだせる色であるピンクや黄色、オレンジなどを選ぶようにしてください。肌が黒めの人は、同じ色でも大胆な柄や、少し変わったデザインのものがオススメです。明るい色を身にまとうことで、自分自身も明るい気持ちになり、物ごとへのモチベーションが上がります。それとともに周囲の評判も高まり、魅力が増していくでしょう。

■黒い服が着たいなら、肌見せや小物でひと工夫を
 とはいえ、「黒い服が好き」「明るい服は抵抗がある」という人もいるはずです。そういうときは、首元を開けたり、髪をアップにしてうなじを出したりして肌を見せるように工夫し、明るい印象を保ちましょう。また、少し大きめのアクセサリーをつけたり、キレイな色のストールやスカーフを巻いたりして、顔まわりを明るくするのもオススメです。

 仕事でも恋愛でも、順調にいっている人は「うまくいくファッション」をしているものです。そのうえで上手に個性を演出できれば、運気はぐんぐん上がっていくでしょう。
(瀧天貴)

★瀧天貴の【開運作法】バックナンバー
【開運作法/第8回】眠りは疲れた魂にパワーを戻す行為、1日の感謝を神様に伝えよう!
【開運作法/第7回】入浴は「1日のお清め」、身体の穴と足を念入りに洗って悪い気を洗い流そう!
【開運作法/第6回】夕食は自炊してモードを切り替えて、明るく楽しい食事を!
【開運作法/第5回】仕事終わりに机をキレイにすることで、翌日のモチベーションアップ!
【開運作法/第4回】ランチタイムは1日の中休憩、午後に向けてリフレッシュを!
【開運作法/第3回】通勤時間は「瞑想タイム」、有効に使って気の充実をはかろう!
【開運作法/第2回】朝食は「運気アップ3点セット」をしっかり食べてパワーチャージ!
【開運作法/第1回】しっかり洗顔&太陽に感謝して、1日の運をキャッチしやすくしよう!

>>NEXT:龍天貴の【山手線パワースポット】新宿は仕事運・人気運アップの街、女性は特にオススメの場所!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング