【開運作法/第10回】アクセサリーは魔除けのお守り、必ず1つは身に着けよう!

占いTVニュース / 2019年9月2日 20時30分

写真

――いい運を引き寄せ「強運体質」になるためには、日々の暮らしや考え方にひそむ「開運の法則」を知ることが大切です。運気アップにつながる小さな習慣を実践することで、どんどん運がひらけていきます。それはいわば、神様に願いを聞いていただくための「作法」といえるのです。

 スピリチュアルカウンセラー瀧天貴が、成功と幸せをもたらす「開運作法」を紹介します!

<第10回>
アクセサリーの開運作法~厄除けのお守りとして常に身に着けて

 ネックレスや指輪、イヤリングなどのアクセサリーは、周囲のよくない気から守ってくれる、とても大切な役割を持ったアイテムです。オシャレのためだけでなく、お守りがわりとして、いつも1つは身に着けておきましょう。ちなみに、男性にとっては「時計」が同じ役目を果たしてくれます。

■オススメは「ハート」のモチーフ
 恋愛でも人間関係でも、女性は「人に愛される」という意識を持つことが重要になります。オススメなのは、「ハート」モチーフのアクセサリー。ハートの愛されオーラを身にまとうことで、悪い気をはねのけると同時に、幸運度がアップするのです。高価でなくてもいいので、お気に入りのものを探しましょう。また、いいものを結ぶ意味がある「リボン」モチーフや、丸い小さな玉を結びながら作る「ビーズ」のアクセサリーも効果的です。

■指輪をつけるのは「人差し指」か「薬指」に
 左右の指にはそれぞれ意味があり、右手の指は気を発し、左手の指は気を受け取る役目があります。指輪をつけるのに適しているのは、「人差し指」と「薬指」。人差し指は、行動力や願望成就をあらわします。今、何か自分で達成したい目標があるなら、右手の指に。訪れるチャンスを確実につかみたい場合は、左手の指につけてください。また、薬指は恋愛・結婚運の指。結婚を望むなら左手の薬指に指輪をして、幸せな気を先取りしましょう。

■普段使いの小物も運を左右する
 また、アクセサリー以外に重要なのが「靴下」です。イライラや落ち込みなどのマイナスの感情や、周りから受けたよくない気は、すべて足もとに下りていきます。靴下やストッキングには、それらを受け止め足を守ってくれる役割があるのです。季節によっては生足で出かける場合もあるかと思いますが、できるだけ靴下をはきましょう。何となく悪い予感がするとき、嫌いな人に会うときは、「帽子」で頭と顔を隠すのがオススメです。

 アクセサリーや時計をつけていないときは、周囲に対してかなり無防備な状態にいると思ってください。強運体質になるには、悪い気から身を守ることも大切なのです。
(瀧天貴)

★瀧天貴の【開運作法】バックナンバー
【開運作法/第9回】オシャレは「似合う」を意識、外見を変えることで運気も動く!
【開運作法/第8回】眠りは疲れた魂にパワーを戻す行為、1日の感謝を神様に伝えよう!
【開運作法/第7回】入浴は「1日のお清め」、身体の穴と足を念入りに洗って悪い気を洗い流そう!
【開運作法/第6回】夕食は自炊してモードを切り替えて、明るく楽しい食事を!
【開運作法/第5回】仕事終わりに机をキレイにすることで、翌日のモチベーションアップ!
【開運作法/第4回】ランチタイムは1日の中休憩、午後に向けてリフレッシュを!
【開運作法/第3回】通勤時間は「瞑想タイム」、有効に使って気の充実をはかろう!
【開運作法/第2回】朝食は「運気アップ3点セット」をしっかり食べてパワーチャージ!
【開運作法/第1回】しっかり洗顔&太陽に感謝して、1日の運をキャッチしやすくしよう!

>>NEXT:幸運体質になるための5つのメソッド イライラはチャンスのサインと心得るべし!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング