血液型【昆虫食耐性】ランキング B型は味が気に入ったらおやつにしちゃうかも!?

占いTVニュース / 2020年3月19日 18時0分

写真

 食料問題を解決する手段の1つとして注目されているのが、昆昆虫食。かつてはゲテモノの代表格でしたが、近年はテレビや雑誌で特集が組まれるほどポピュラーになってきました。とはいっても、虫は虫。さすがに抵抗はあります。血液型別に、昆虫食耐性の高さを見ていきましょう。

■第1位 B型……気に入ったらおやつにしちゃう!?
 柔軟な思考の持ち主のB型は、昆虫食に抵抗はありません。むしろ好奇心が刺激され、ぜひ食べてみたい! と思うでしょう。見た目はあれですが、食べてみると意外とおいしいことに気づいてドハマりし、おやつ代わりにポリポリ。友達に「食べる?」とナチュラルに差し出し、驚かせることもあるかもしません。

■第2位 AB型……食べる理由があれば納得
 何ごとにも理由を求めるAB型です。「昆虫食は未来の食糧危機を救う」といわれています。ゲテモノの食事はNGだけれど、それを食べる必要性があるなら、納得して昆虫食も受け入れるでしょう。そして、「これからの時代、虫を食べるのが当たり前なのに、あなたたちは食べてないの?」と謎マウンティングとることも。

■第3位 O型……みんなが食べるなら
 虫を食べるなんて信じられない! 嫌なものは嫌! と思うO型です。仲間と昆虫食のお店に行っても、なかなか食べようとしないでしょう。しかし、その場にいる半数以上の人間が食べていると、周りの空気に合わせて食べようとするでしょう。「みんなで食べれば怖くない」のO型なのです。

■第4位 A型……死んでも嫌!
 真面目なA型は、「常識的に考えて、虫は食べるものではない」「虫を口に入れるなんてありえない!」と思っているでしょう。周りが昆虫食で盛り上がっていても、まったく興味を示さないでしょう。潔癖なところもあるので、ほんの少しでも口を付けてしまったら、長い時間うがいをしていること間違いなしです。

 ネット通販でも気軽に変えるようになった昆虫食。スーパーに並ぶ日も近いかもしれません。機会があれば、一度試してみてはいかがでしょうか。
(小林みなみ)

>>NEXT:血液型【恋の弱点】あるある A型は素直に気持ちを伝えられない、B型は押しが強すぎ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング