【4月の惑星予報】強力な星たちが力を発揮する1カ月 社会的変動に立ち向かおう!

占いTVニュース / 2020年4月1日 20時30分

写真

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も私たちに影響を与えています。惑星予報で1カ月の星の動きを知り、惑星パワーを上手に使っていきましょう!

■4月の惑星予報

『社会変動のエネルギーが活発』のち、『変動スピードが弱まってくる』

★ 4月の注目DAY ★
(1)4/5……木星と冥王星が重なる。社会に変化が起きる。
(2)4/21……牡牛座と水瓶座でハードな惑星リンク。経済に注意を
(3)4/25……冥王星が逆行開始。緊張感がゆるまる暗示

■4月の主な惑星の動き

 4月は、土星と火星が、「水瓶座の始まりの位置」で重なった状態からスタートします。

 制限や責任を司る土星と、怒りや行動力を司る火星が重なることは、「責任をめぐる重ためな闘争」が起きそうなイメージもありますが、暴れん坊の青年に思慮深い老人が寄り添うような「熱さと成熟のバランス」が取れる、といういいイメージもあります。

 このどちらに運気が転ぶかは、直面する物ごとに対する人それぞれの思慮深さや冷静な判断力によることとなるでしょう。なぜなら、2つの星が重なる水瓶座は、平等性や博愛主義を司るエリアだからです。私利私欲や情動による決定は適さないので、「いかに客観性や論理性をもって物ごとにあたっていくか」が大切な時期となってきます。

 一方、希望の象徴である太陽は、牡羊座を運行し、春の始まりのムードを牽引していきます。牡羊座の守護星は、先に述べた火星。行動力や意思決定、そして怒りや闘争心など「火星や牡羊座が象徴するエネルギー」をどこに使っていくのかも、1つのテーマになりそうです。

 さらに、社会や国家を象徴する山羊座に長期滞在中の冥王星が、次々とインパクトのある動きを示してきます。この冥王星による運気の転換点も気にとめておきたいところです。

 今月は、社会の中において広い視野での平等性や個々の責任を重んじながらも、新しい自分のありかたを確立するような、少し難しいテーマに取り組むことになる1カ月です。

■4月の注目DAYはこう過ごそう!

(1)4/5……よりよくなるための変容を信じよう
 山羊座エリアで、冥王星と木星が重なります。究極の力を持つ冥王星と、拡大・発展の力を持つ木星が重なるときは、あらゆる発展性や究極のパワーを示唆します。社会面や国際交流など、世の中に動きに注目して。ただし、冥王星には「秘密」というキーワードもあるため、何か重要な秘密が明らかになるという流れもありそうです。この日前後に驚くようなニュースが飛び込んできたとしても、それは出るべくして出るもの、よりよくなるために必要なものと心得て、大きな変容の力や復活力を信じましょう。

(2)4/21……新しい未来を思い描いて
 牡牛座に入った太陽が、水瓶座の土星とハードな角度を結びます。牡牛座は、2018年あたりから経済改革や稼ぎ方・働き方革命の運気を担っている天王星が長期滞在している場所。それが太陽とともに、グローバルな視野を意味する水瓶座土星とハードに結び付くと、世界規模での経済問題などが表面化してくる暗示になります。ただし、天王星と土星の組み合わせは、革命を現実化する、新しい世界を定着させる、などにも使えるパワーです。自分自身の働き方や稼ぎ方などに関して、新たな未来を具体的に思い描きましょう。

(3)4/25……心身の疲れを取ることを心がけて
 徹底支配の星・冥王星が、社会性を司る山羊座エリアで逆行を開始します。本来、逆行はその惑星が象徴するものの歩みがストップしたり、やり直しを迫られたりする暗示なのですが、冥王星は「究極の大変容」を起こす力がある星のため、逆に「ここで一息つける」という感じになってきそうです。権力や支配に関する重ためなムードもゆるまってくる暗示。この逆行は数カ月続くので、冥王星が前進をとめているうちに、心身の疲れを癒やすことを心がけるといいでしょう。社会的な変動スピードや締め付けも、ゆるまってきそうです。

 今月、目立った動きやリンクを見せる冥王星や天王星は、変容や改革を司る星たちです。そこに行動力の火星や、定着力の土星も参加して、新しい世の中への変容を進めていきます。変わりゆく世界を嘆くことなく、新たな未来を思い描く強さを手に入れていきましょう。
(永沢蜜羽)

>>NEXT:【4月のムーンアクション】「初心に戻るメソッド」で気持ちを引き締めよう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング