何気なく触る顔のパーツでわかるブラックな本質 鼻を触る人は虚言癖タイプ!?

占いTVニュース / 2014年7月2日 12時0分

写真

 「無くて七癖」とはよく言われますが、人間は無意識的に感じていることを身体で表現することがよくあります。その最もわかりやすい例が、自分の顔のパーツの中で、どの部分によく触れているか、ということなのです。一見意味のなさそうな仕草でも、実はそこに大きな意味が隠されていることも……。
 
 今回は、あなたのブラックな本質を探り出します。さて、あなたはどこのパーツによく触れますか?
 
■髪……自意識過剰の甘えん坊タイプ
 髪を指で巻きつけたり、なでたりする人がいます。特に女性に多い行動ですが、こういう人は、自己中心的で甘えん坊タイプといわれています。人の注目を自分に向けることが喜びであり、構ってもらえないと怒ることもあるでしょう。もう少し精神的に大人になってもいいのかもしれません。また、髪を引っ張るのはもっと頑張ろうと自分を鼓舞しているしぐさとされます。理想の自分像が高すぎるため、自分に罰を与えている行為です。向上心が強いのですが、ストイックすぎるといえるでしょう。
 
■鼻……情緒不安定な虚言癖タイプ
 鼻を触るのは、ウソをついているごまかしのサイン。情緒不安定なときや、潜在意識の中で自分の意志に対して自信がないときに出るしぐさです。本人は嘘をついているつもりはないのですが、話の内容が大げさであったり、尾ひれをつけてしまったりすることがあるようです。情緒が安定しているときはサービス精神旺盛な、いわゆる「いい人」なのですが、不安定になるとうそをつくことで安心感を得てしまうところがあるようです。なお、鼻の下をさわるのは感情を表に出したくないサインなので、読み違えないで。
 
■頬……緊張体質の万年アガり症タイプ
 頬を触るのは、緊張を解きほぐしたい、早く落ち着きたいという心理状態をあらわしています。アガりやすい人が、大勢の前で話をしなければならない時によく出るサインです。性格的には内気で繊細なタイプが多く、プレッシャーを感じやすいため、自分を慰める行為として身体に触れるといえます。他人の視線を気にする気質でもあるので、わりと自然に見えるように頬にタッチします。ほかに、頭をなでたりするのも同じような心理状態。共通しているのは、自分を落ち着かせているしぐさである点です。
 
■あご……高慢ちきなイケイケ女王様タイプ
 あごを触ったり、前に突き出すのは、自分の立場が上だと思っている人が多いとされます。自信家の人などに多い癖です。自分に自信を持っているということは素晴らしいことなのですが、そこに攻撃的な要素が加わって、エゴイスティックな性格に見られがちかもしれません。心理学的に口元は、自分の欲求を意味する部位。その中でもあごは自尊心やプライドへの渇望を意味しているとされます。男性の場合、ひげの具合をチェックしているしぐさも同様です。しかし、口元を隠すしぐさは秘密を隠そうとしているサインなので読み違えないように。
 
 フロイトによると、人間の行動は自分で認識できている部分は2割程度で、ほかの8割は、無意識下にある深層心理の欲求や願望によって支配されているといわれています。特に、自分の身体に触るのは自己防衛や自己愛に結びつく行動です。自分だけでなく相手がどのような心理状態かも見抜けるので、さりげなく相手がどこに触れているか、探りを入れてみるのも面白いかもしれませんね
(脇田尚揮)

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング