血液型【マイバッグ】あるある A型は用途に合わせて複数持ち、AB型は普段のバッグと併用!

占いTVニュース / 2020年6月27日 15時0分

写真

 レジ袋有料化で注目が集まっているマイバッグ。海洋プラスチックゴミの問題もあり、マイバッグは買いものの必須アイテム、スタンダードになっていくでしょう。そんなマイバッグ、血液型別にどういうタイプを選ぶのかみていきましょう。

■A型……用途に合わせて複数のマイバッグを使い分ける
 マイバッグもきっちり使いたいA型。大きな1つのマイバッグに、コンビニで買ったちょっとしたものを入れたり、冷凍食品と生肉を入れたりなんて使い方はできません。コンビニ用、スーパー用、冷凍食品用、テイクアウト用など、用途に合わせて複数の種類をそろえます。そして、それらすべてを常にカバンに入れておかなければならないので、折り畳んで小さくできることも、マイバッグを選ぶ際の重要なポイントとなるでしょう。

■B型……ブランドのマイバッグで人と差をつけたい
 流行りのマイバッグ。もちろんB型も興味津々です。人と差をつけたいと思うB型が選ぶものは、ブランドマイバッグ。数万円もするようなマイバッグをみせつけるように使います。大きくあしらわれたブランドロゴはみんなの注目の的になり、目立ちたいB型をいい気持ちにさせてくれます。でもそれは、ブランドマイバッグを無頓着に扱ってしまうB型を見て、「そんな使い方で大丈夫?」と、心配な目で見ているだけなのです。

■O型……機能性を重視して、1つのマイバッグを厳選
 生活力が高いO型にとって、マイバッグは、日常の買いものの満足度を大きく変えてしまうアイテムです。機能性には十分こだわり、保冷機能がついているのか、レジかごに装着できるか、折り畳んだときのサイズ、対荷重、持ちやすさ、あらゆる要素を吟味します。そして、数種類買うのはコスパが悪いので、自分の買いもの行動に合わせた、すべてをまかなえるマイバッグ1つを厳選するでしょう。

■AB型……普段のバッグがマイバッグに
 合理的に物ごとを考えるAB型にとって、買いもののたびに別の専用バッグをいちいち使うことは非合理的。そのため、マイバッグを持つことなく、普段のバッグをマイバッグとして使うでしょう。少し大きめのものにして、買いものをしたらその中にイン。もちろん、中のものが汚くなってしまわないように、ビニール袋でくるんでいれるなど工夫はするでしょう。多少面倒ですが、バッグを2つ持ち歩く面倒さと比べたら、こちらのほうがマシだとAB型は思います。

 お金を払ってレジ袋を買うか、多少面倒でもマイバッグを持ち歩くか。地球環境を考えたら、やはりマイバッグを利用したほうがいいでしょう。ぜひお気に入りのマイバッグで、新しい買いもの習慣を始めましょう。
(小林みなみ)

>>NEXT:血液型【スマホ決済】あるある B型はたくさんのアプリを試して、チャージ金額を消費できない!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング