【8月の開運方位】ラッキー方位は「北」、美しいスイレンが広がる公園が吉!

占いTVニュース / 2020年8月3日 20時30分

写真

――運気を上げたいなら、ぜひ「吉方位」を活用しましょう! 月によって変わる吉方位に適したアクションを行うことで、開運効果を得ることができ、運気上昇パワーがさらに増幅しますよ!

■4月の開運方位は?
・ラッキー方位は「北」
・池に睡蓮がある公園に行くと吉!

■8月の北は、悩み解消の方位
 8月の開運方位は「北」。北は、自然界には欠かせない「水」の気を持つ聖なる方位。一白水星の影響を受け、「流れる」「柔軟」「変化」などがキーワードです。北へと向かうことで、現状の問題に柔軟に対処することができ、悩みが解消しするでしょう。さらに今月は、「悦び」や「実り」をあらわす七赤金星の影響も受けます。これまで進めてきた物ごとが実り、金運、貯蓄運アップにも期待ができそうです。

■池にスイレンのある公園が吉!
 一白水星と七赤金星がめぐる今月は、「池や沢のある公園」が開運スポットです。特に、一白の象意である「スイレン」の広がる公園が近くにあれば、ぜひ行ってみてください。ラッキーアクションは、「日陰で休憩する」こと。身体を休めることが好運を呼ぶ月です。落ち着いた場所で、ゆっくりしましょう。また、一白には「飲料水」という意味もあります。ひと休みする間にソフトドリンクなどを飲むことで、よりいい運気を取り込めるでしょう。

■部屋にも開運パワーをチャージ!
 吉方位に行けない人や、部屋にも開運パワーをチャージしたい人は、掃除をしっかり行ってください。北は「蓄える」方位なので、金運・貯蓄運アップが期待できます。掃除をした後、部屋に盛り塩を置くのもオススメです。また、8月は「大地」「田畑」をあらわす「二黒土星」が太極(中央)に位置します。大地の恵みである野菜やお米、果物などを意識してたくさんとることも、運気アップにつながるでしょう。

 一白水星と七赤金星の影響により、8月は物ごとや状況が変化し、うれしい結果が得られる反面、状況の変化についていける体力を蓄えることも大切です。休めるとききはしっかり休んで、エネルギーを充電しましょう。
(明石実夕)

>>NEXT:【8月の開運壁紙】恋愛運は「食パン」、仕事運は「あんみつ」の画像で運気アップ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング