血液型【笑いのツボ】あるある B型はリズムネタ、O型は一発芸で大爆笑!

占いTVニュース / 2020年8月12日 18時0分

写真

 笑いにはツボは人ぞれぞれ。みんなが大爆笑しているのに、そのノリに乗れないこともあれば、周りはピンときてないのに、1人だけツボにはまって笑ってしまったり。血液型別に笑いのツボをみていきましょう!

■A型……正統派漫才
 正統派で王道を好むA型の笑いのツボは、正統派漫才。他人とズレているところで笑うのは嫌なので、笑いどころが用意されていないものは苦手です。その点、ボケとツッコミがしっかりした正統派漫才なら、安心して笑うことができます。シュールなネタなどは、周りが笑っているのを確認してから、笑うこともあるようです。

■B型……リズムネタ
 ノリが大切なB型は、リズムネタが笑いのツボ。ベタなネタでもシュールでも、テンポがよければ大爆笑です。また、リズムネタはまねしやすく、覚えたネタはすぐに友達に見せたくてうずうずしてしまいます。ネタを披露してウケがいまいちだと、次こそは笑いを取ってやると、なぜか練習に燃えてしまうのです。

■O型……一発芸
 シンプルにおもしろいものを好むO型。複雑な設定のコントや、テンポが速い漫才は苦手かもしれません。そんなO型の笑いのツボは、一発芸。宴会ネタのような一発芸でも、唐突にさけぶ一発芸でも、おもしろくてたまりません。基本的に一発芸なら何でもOKなのですが、まったくハマらない場合は、冷淡な反応を示すでしょう。

■AB型……シュールな笑い
 独特な世界観を持つAB型は、シュールな笑いを好みます。といっても、シュールネタなら何でもいいわけではなく、かなり好みが偏っています。周りは笑っていないのに、AB型のツボにどはまりして1人で大笑いしていることも。人気ネタではあまり反応しないので、あまり笑わない人と誤解されていることも多いでしょう。

 笑いのツボが合うかどうかは、人間関係では重要かもしれません。この人はこういうのがツボなんだと抑えておけば、スムーズなコミュニケーションの助けになるでしょう。
(小林みなみ)

>>NEXT:血液型【コミュニケーションの悪い癖】あるある O型は命令口調、AB型は秘密主義! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング