ストレスがたまりやすい人相 額がせまい人は上司と揉めて職場関係に悩みがち!

占いTVニュース / 2015年8月30日 20時30分

写真

 ストレス社会と言われている現在、ストレスがまったくないという人はおそらくいないでしょう。ただ、ストレスを感じないように努力して、うまく自分の心をコントロールしている人はいます。今回は、人相占いの観点から、ストレスがたまりやすい人の顔の特徴をご紹介。もしあなたの顔に当てはまるものがあったら、ストレスとうまく付き合うコツを見つけていきましょう。

■目、鼻、口が小さい……「NO」と言えない気の弱さが自分を苦しめる
 目、鼻、口など、顔の主要なパーツがどれも小さい場合、根が暗く、うじうじしているでしょう。自分の意見を堂々と主張できないため、嫌なことにも我慢してしまいます。自分さえ我慢すればいいとあきらめ、現状を受け入れるしかないと思うのです。そして、ストレスはたまりにたまり、ついには体調を崩す危険があります。嫌なことには「NO」と言える勇気を持つことが大切でしょう。

■耳たぶがほとんどない……恋愛とお金の面で苦労する
 耳たぶは、愛情運、金運があらわれるパーツ。耳たぶがほとんどない場合、あまり愛情には恵まれません。好きになる人は、いつも奥さんか恋人のいる人だったりするでしょう。それでもなかなかあきらめきれず、恋愛のストレスをためてしまいがちです。また、お金の面でも、予期せぬ出費が多い傾向があります。突然病気になったり、借金を抱える羽目になることが多いかもしれません。こうしたことを避けるには、揺れるタイプのピアスかイヤリングをつけましょう。厄除けになって、不運から逃れられます。

■額がせまい……目上の人との折り合いが悪い
 額は、目上の人との関係があらわれるパーツ。額が狭い場合、職場の上司や先輩などと意見が合わず、引き立てを受けにくい傾向があります。余計な気苦労をしてストレスをためてしまいがちでしょう。努力しても報われないと悩むことも多く、職を転々とすることも。しかし、いくら職を変えても、人間関係の悩みはつきまといます。ヘアスタイルは、額を隠すようなものにするといいでしょう。そうすれば、悪い運を遠ざけることができます。

■声が小さい……自分に自信がないため、人とうまくいかない
 ストレスのためやすさは、顔のパーツだけではなく、「声」にもあらわれます。自分に自信のない人は、声が小さいです。話す相手は、何度も聞き返さなくてはいけなくなるため、次第に会話をするのが面倒になるでしょう。こうして、人間関係が広がっていかない、うまくいかないと悩むことになります。意識して大きい声を出すようにしていけば、徐々に運気は上がっていくでしょう。

 多少のストレスは、自分を高めていくためのパワーに変えていくことができるので、怖れることはありません。ただ、ストレスがもとで体調を崩さないように、いい発散法を見つけておくことも大切です。
(紅たき)

>>NEXT:顔の形でわかる上司の取扱い説明書 丸顔上司は人の好き嫌いが激しい! 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング