12星座【普通に生きられない】ランキング 水瓶座は子どもの頃からマニアックなチョイス!

占いTVニュース / 2020年10月22日 12時0分

写真

 昨年夏に大ヒットしたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)が帰ってきました。でヒロインの深田恭子さんが演じるのは、泥棒一家に生まれたため、普通に生きたくても生きられない役どころ。私たちの周辺にも、本人は普通を望んでいるのに、なぜか普通に生きられない人々が存在します。ランキング形式にてご紹介しましょう。

■第1位 蠍座……なぜかイバラの道を選ぶ
 普通の人だったら、なだらかな道のりを選ぶところ、どういうわけか蠍座は、自らイバラの道を選びがちです。イバラの道を選んだことで、大変な思いをした経験は一度や二度ではすみません。にも関わらず、人生の岐路につけ、毎度お決まりのように険しい道へと進んでしまうのです。その選択、その生き方を繰り返しているうちに、人生という壮大な迷路に迷い込んでしまうでしょう。蠍座にとっては、それもまた人生なのです。

■第2位 魚座……同性異性問わず影響を受けやすい
 関わる人物が同性であろうと異性であろうと、影響を受けずにはいられない星座です。たとえば会社を辞め独立起業した女社長の話を聞くと、「自分にもそういう道があるかも」と、次の日には勤め先に辞表を出していたり。「いつかメジャーデビューしたい」とインディーズのバンドマンから熱く語られると、「それまで私が彼を支える」と、稼ぎのいいナイトワークを始めたり。普通の会社員だったはずが、いつの間にかだいぶ違う方向性へ進んでいるようです。

■第3位 水瓶座……子どもの頃からマニアックなチョイス
 普通に生きられないというよりは、普通に生きたくないのが水瓶座です。「右に倣え」な生き方なんぞ、真っ平御免なのでしょう。そのため、子どもの頃からマニアックなチョイスを繰り返してきました。たとえば中高の部活動や大学の学部選び、旅行の行き先など。めずらしいものに飛びつくため、当然のことながらそこで関わる人々も、だいぶ個性的。個性豊かな仲間に囲まれているのですから、どんどん王道の人生から外れていきます。望むところです。

 第4位は、射手座。冒険心あふれる性格ですから、「人生に迷ったときは、おもしろそうな道を選ぼう」をモットーとしています。結果、おもしろい分普通じゃない生き方になるのでしょう。第5位の牡羊座は、「売られたケンカは買わねばならぬ」が座右の銘。心身ともに生傷の耐えない一生を遂げることとなるでしょう。

 第6位の双子座は、いい意味で飽き性なため、仕事やパートナーをチェンジすることに抵抗がありません。他者から見れば、落ち着かない人生とジャッジされるでしょう。第7位は、蟹座。生まれ育った実家への思いが強い星座です。そのため、両親などの親類縁者がひと癖あったりすると、巻き込まれることになるでしょう。

 第8位は、乙女座。普通に生きられないどころか、普通に生きていない人に対し、「何で普通に生きられないの?」とツッコミを入れるタイプです。第9位の獅子座は、百獣の王・ライオンがモチーフの星座ですから、王道を歩む人生となるでしょう。脇道にそれることはありえません。

 第10位の山羊座は、常識を重んじる性格。むしろ、「普通に考えると……」が口癖なくらいなので、手堅い人生を歩んでいきます。第11位は、天秤座。優雅かつエレガントでありたい価値観ですから、波風立たない人生を、涼しげな顔で生きていくでしょう。

 そして第12位は、牡牛座。石橋を叩いても渡らないほど慎重な性分です。ゆえに、「安全第一」が生きていくうえで第一優先事項! 仮に自分のペースを乱すような人物や出来事に遭遇しても、絶対に動じることはないでしょう。

 普通に生きられないのは、決して悪いことではありません。多様性の時代ですから、普通の人生以外の選択肢はいくらでもあります。「普通に生きる!」という固定観念を手放し、普通じゃない人生を味わうのもまた、自分らしさということなのでしょう。
(菊池美佳子)

>>NEXT:12星座【妖精少女】ランキング 魚座は妖精の魔法で男性を虜にする!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング