12星座【恋する母たち】ランキング  魚座は母だってときには誰かに甘えたい!

占いTVニュース / 2020年11月6日 12時0分

写真

 金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系)は、母になっても恋に落ちる女性たちの物語です。シングルマザーだったり、主夫の旦那を養うキャリアウーマンだったり、夫に不倫されているセレブ妻だったり、母たちが恋に走る背景はそれぞれ。倫理的な部分はさておき、母になっても恋に落ちやすい女性を、12星座ランキングにて紹介します。

■第1位 水瓶座……母であると同時にイチ個人です
 母親であると同時に、イチ個人である! こんな風に水瓶座は考えます。子どもがいるからといって、恋愛してはいけない決まりなんぞないと、その思考回路は実に前衛的です。むしろ、恋愛することで、恋の悦びが子育てへの活力に応用されると、ポジティブシンキング。子どもに見せる母親としての顔と、恋する女の顔と、オンオフのスイッチを使い分ければノープロブレムといったところでしょうか。

■第2位 双子座……子育てと恋の同時進行
 全国のお母さんは日々、忙しさに追われています。恋したい気持ちがあったとしても、子どもの用件メインで、自分のプライベートにまで時間が割けないのです。「恋しない」ではなく「恋できない」といったところでしょうか。その点、同時進行を得意とする双子座は、どれだけ子どもの用事が忙しかろうとも、その隙間を縫って恋愛に費やすひとときを捻出するでしょう。また、飽きっぽい性格を自覚しているので、子育てにマンネリを感じぬよう、恋愛で気分転換を図りたいのです。

■第3位 魚座……母だってときには甘えたい!
 母親という立場は、当たり前ですが子どもから甘えられる存在です。しかし魚座は、甘えられるよりも甘えるほうが好きな甘えん坊キャラ。12星座の最後に位置する末っ子星座ですからね。そのため、子どもから甘えられる母の立場を離れ、自分自身が子どものように甘えたくなるのです。大人の女性が甘えられる相手といったら、高齢の両親ではなく、やはり恋人。もともと、恋愛体質な恋する星座なだけあって、母になっても恋に落ちやすいのでしょう。

 第4位は、獅子座。母親になっても、趣味や娯楽など「楽しいこと」は別腹と捉えています。恋することも、お楽しみごとの一環という感覚なのでしょう。第5位の射手座は、束縛されることを嫌います。母親という社会的立場に縛られることなく、恋を謳歌するタイプなのでしょう。

 第6位の天秤座は、美意識が高く、母親になってもなお、美しさのキープには余念がありません。ゆえに男性からいい寄られるシチュエーションも多いのでしょう。第7位は、山羊座。出産後の仕事復帰に対する意欲は人一倍です。そして仕事中は母親としての顔がオフになるため、仕事を介して知り合ったデキるビジネスマンに胸キュンすることも大いにありえます。

 第8位は、蠍座。「白か黒か」「ゼロか100か」という両極端な価値観の持ち主です。「母親か恋する女か」の2択に対しては、すでに子どもがいるのですから「母親」であることを選ぶでしょう。第9位の牡羊座は、他者に任せたくないタイプ。恋人と会っている間、子どもを実家などに預けるなんて考えられません。結果、子どもが巣立つまでは恋と無縁な生活になるでしょう。

 第10位の牡牛座は、石橋を叩いても渡らない慎重派。好きな人ができても、子どもがいると難しいのではないかと、足踏みしているうち、結局時間ばかりが過ぎていくでしょう。第11位は、乙女座。完璧主義者ですから、育児を完璧にこなすため、恋は封印する覚悟です。

 そして第12位は、蟹座。「母親」というミーワードを持つ月が守護星の蟹座は、12星座で最も母性愛が強い星座。愛情を注ぐべき対象は、我が子でありたいのでしょう。男性との逢瀬よりも、お家で我が子と過ごす何気ない日々が、蟹座にとっては極上の幸せなのです。

 ひと昔前は、「子どもがいるのに恋をするなんて……」と、眉をひそめられるような時代だったかもしれません。しかし時代の流れとともに、子どもを持つ女性が恋をすることへの価値観も変わってきました。ただし、恋に落ちたからといって、子育てが疎かにならないよう気をつけたいものです。
(菊池美佳子)

>>NEXT:12星座【リモラブ】ランキング 水瓶座にとって普通の恋は邪道、SNS恋愛は大いにあり!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング