7月16日・木星獅子座入りの12星座ごとの影響は? 獅子座は夢を実現すべき時!

占いTVニュース / 2014年7月15日 18時0分

写真

 7月16日から木星が蟹座から獅子座へ移動します。木星は12年かけて全星座を一周。木星が入った星座は、その日から1年は「幸運期」だとよく言われています。しかし、星占いサイト『筋トレ』をたちあげている石井ゆかりさんは、「幸運期」ではなく、「耕耘期」だと主張。つまり、何もせずに幸運に恵まれる年ではなく、何かを始める準備をしたり、実際に始めたりして、「幸運の種まき」をするべき時期だとのことです。
 
 では獅子座に木星が入る今、それぞれの星座は木星からどんな影響を受けるのでしょうか? そして、どんな「幸運の種」をまけばいいのでしょうか? 3つのグループに分けてみていきます。
 
■幸運が訪れるグループ……牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座
 
 このグループは、木星が幸運を呼ぶ部屋へ入ります。気持ちに余裕ができるので、仕事にばかり熱中せず、仲間や恋人と趣味や旅行にとアクティブに人生を楽しむといいでしょう。プライベートで英気を養えば、それが仕事にもいい効果を生みます。
 
<幸運の種まき>
・牡羊座……人生を楽しむことを第一に考え、楽しめる何かを見つけて。
・蟹座……今まで忙しくてできなかったことをするべき。
・天秤座……志を同じくする仲間を見つけ、語り合うこと。
・山羊座……周囲の人とじっくり食事でもして、今以上に深い絆を作っていくべき時。
 
■多忙を極めるグループ……牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座
 
 このグループは、獅子座以外は運勢が停滞モードへ。木星が入る部屋はどれもダーク。何かと忙殺されて、自分の時間がなくなります。自分を見失わないように、時々自分のしていることが正しいのか立ち止まって考えて、必要ならば思い切って方向転換をしましょう。
 
<幸運の種まき>
・牡牛座……家族との時間を大切にすると、見えてくるものがあるはず。
・獅子座……夢や憧れをいよいよ実現するべき時。ただ、初心にかえることが大切。
・蠍座……誰かに妨害されても負けずに奮起することで、強くなれる時。
・水瓶座……壁にぶつかったら、誰かに相談する謙虚さが大事。
 
■安らぎが得られるグループ……双子座・乙女座・射手座・魚座
 
 このグループの星座の人は、木星が静かな部屋へ移行。心身を休める必要があります。1人の時間を大切にして自分を見つめ直すといいでしょう。安らぎとゆとりのある生活があなたを成長させます。
 
<幸運の種まき>
・双子座……リアルな世界よりも、ネット上で人脈を増やして。つぶやきは意外なところで注目されそう。
・乙女座……体調を整えることを第一に考えて。仕事は楽にこなせる程度にとどめること。
・射手座……将来に備えて知識やスキルを身に付けて。学校通いは吉。
・魚座……価値観の合わない人とは少しずつ距離を置いていき離れ、心の重荷を下ろしましょう。
 
 木星・獅子座は広い世界へ飛び出し、個人としてどこまで目立った活動ができるかが全星座の根底に流れるテーマ。上記を参考に幸せの種まきをして、それぞれがより広いステージで輝ける年にしたいですね。
(紅たき)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング