1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 面白ネタ

【2月の開運日カレンダー】2日の「巳の日」は節分! 邪気払いを行い、福を呼び寄せよう!

占いTVニュース / 2021年1月31日 20時30分

写真

――新しいことを始めたいとき、悪い出来事を避けたいとき、暦を活用してみてはいかがでしょうか? 2月の吉日・凶日をチェックして、1カ月をよりよく過ごしましょう!

■2月の吉日

・大安(たいあん)……5日、11日、16日、22日、28日
 大安は、「大いに安し」の略。結婚、旅行、引っ越し、転職など、何ごとをするにも吉とされています。

・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)……3日、10日、15日、22日、27日
 「ひとつの粒が万倍に増える」という意味がある一粒万倍日。この日に行動を起こすと大きな成果がもたらされます。仕事始めや開店、お金を出すのに最適。ただ、苦労も倍になるので、ものやお金の借り入れは凶とされています。

・寅の日(とらのひ)……11日、23日
 トラが「千里行って千里帰る」といわれていることから、旅行運が高まるといわれている日。また、トラの身体や縞模様は金運の象徴でもあることから、お金のご縁が強くなる日ともいわれています。

・巳の日(みのひ)……2日、14日、26日
 巳(へび)は、弁財天の使い。巳の日は、芸術や財運の仏様・弁財天のご縁日です。この日に弁財天が祀られている寺社や神社を参拝したり、お金にまつわる行動を起こすと、金運が高まるといわれています。

・天一天上(てんいちてんじょう)……14日~28日
 方位の神様である「天一神(てんいちじん)」が、天上に行く日。この日から16日間は、どの方角に行ってもいい日とされています。ただしこの期間中、「日遊神(にちゆうしん)」が代わりに家の中にとどまるため、家の中を清潔にしなければ神様に怒られてしまうといわれています。

■2月の凶日

・不成就日(ふじょうじゅび)……3日、11日、14日、22日
 悪い結果を招いたり、物ごとが失敗に終わってしまう凶日。事始めに悪く、願かけにも適さない日です。

・土用(どよう)……1~2日まで
 土用とは、土の気が盛んになる期間。体調不良や争いごと、金銭トラブルなどの凶作用が強くなります。ただし、「間日(まび)」といわれる2日は土用の作用がありません。

・十方暮れ(じっぽうぐれ)……5日~14日まで
 十方暮れは、十干(天)と十二支(地)の組み合わせが悪く、天地のバランスが崩れ、何をやってもうまくいかないとされる期間。結婚や旅行、相談ごとの凶日です。

■2月の注目日&要注意日をチェック!

 土用期間最後の日・2日の「巳の日」は、土用の影響を受けない吉日です。節分でもあるので、この日は邪気払いをしっかり行い、福を呼び寄せましょう。豆まき、柊やイワシの飾り付けのほか、不要な契約の解除、いらないものの処分も行いましょう。1月の初詣に行けなかった人は、この日までにすませておきましょう。

 土用明け、3日の立春は「一粒万倍日」と「不成就日」が重なる日。この日は、悪いことが重なりやすいため、行動は慎重に。稲荷神のお祭りの日「初午」でもあるので、稲荷神社に参拝し、金運や仕事運アップをはかりましょう。

 5日からは、十方暮れ入り。「大安」の5日、「一粒万倍日」の10日、「寅の日」「大安」の11日、「巳の日」の14日は、凶期間の影響で吉効果が少なくなっています。「不成就日」と重なっている11日と14日は、むしろ凶効果が強く、トラブルには気をつけたい日。新しいこと、やりたいことがあっても、十方暮れの期間が抜けるまで我慢しましょう。

 もし本格的に動き出すなら、「大安」の16日を狙いましょう。九星は「五黄」で、意欲が湧き上がり、スタミナもアップする日。自信を持って行動すれば、形になりやすくなるでしょう。

 吉凶が重なる22日は、疑心暗鬼にならないように注意。23日の「寅の日」は天皇誕生日と重なる吉日。この日に財布やICカードケースを買うと、金運がアップ! 「三碧」の日でもあるので、誰かと連絡をとるのにも適しています。フォローや友達申請を入れてみると、仲よくなりたい人とつながれるかも。

 26日の「巳の日」、27日の「一粒万倍日」は、自分磨きに適している日。読書やエクササイズなどを行うと、なりたい自分に近づけるでしょう。26日は午後が大吉の「先負」なのでランチ以降、27日は「仏滅」なので部屋の中で、自分磨きを行うのがオススメ。

 28日の「大安」は「丁未」で火の気が強く、やる気に満ちあふれている日。面倒くさいものや後回しにしていたものは、この日にまとめて行えば一気に片付くでしょう。また、この日は日曜日なので、お休みの人は掃除や整理整頓を行いましょう。スッキリまとまり、運気を呼びやすくなります。

 「天一天上(てんいちてんじょう)」の影響で、1日・2日は西、3日~8日は北西、9日~13日は北が凶方位になります。

 今年は124年振りに、2月2日が節分、2月3日が立春となります。暦上では、立春に新しい年を迎えます。1月に躓いてしまった人は気持ちをリセットして、2月に再スタートを切りましょう!
(咲羅紅)

>>NEXT:【今月の運勢】2月は“一歩前に進む”1カ月に 夢御崎ピンクの「運命のバイオリズム占い」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング