血液型【意外な一面】あるある A型は真面目に見えて、実は小悪魔!

占いTVニュース / 2015年11月4日 17時0分

写真

 「ギャップ萌え」という言葉があるように、意外性は魅力に繋がることが多いもの。今回は、血液型別にじつは隠し持っている意外性をご紹介。A型=真面目、O型=人情家など、血液型診断に紋切り型イメージを抱いている人ほど目からウロコのはず。さっそく見ていきましょう!

■A型……優等生に見えて、実は小悪魔
 人目を気にするA型は、実は腹芸ができるタイプ。まるで名うてのホステスのように、なんとも思っていない人にも愛想笑いを浮かべて、気が利くところを見せたりします。そこで相手が勘違いしても、「傷つけたくないから」とはっきり断ることをせず、なんだかんだとかわすでしょう。その姿は一見清純派の優等生でも、見る人が見れば「小悪魔」そのもの。「えーと」「うーん」などと言いながら、自分の思う展開へと持ち込む手腕は見事です。

■B型……感覚派に見えて、実は論理的
 突飛な言動が多いB型。感覚的で脈略がないタイプと思われがちですが、意外とロジカル思考です。そもそもB型は、興味があることだけを一直線に掘り下げる思考スタイルを持っています。のめり込むタイプなので、思考している最中はまわりのことが目に入らなくなります。結果的に独創的な発想をものにして、周囲をうならせることになるのです。B型に発明家や学者が多いのは、自分なりのロジックに没頭できる姿勢があるからかもしれません。

■O型……人情家に見えて、実は合理的
 大らかな人情家として、周囲のウケがいいO型。しかし、実際は「人がいい」と言われるほどお人好しではなく、どちらかというと「いい人」を演じるのがうまいという側面があります。O型は現実的にものを考えることが得意なので、集団の中でしたたかに立ち回り、結果的にいい人キャラを確立しているのです。O型と親しくなると、たいていの人はO型の合理的な判断力に驚かされるでしょう。O型は、意外と食えないタイプなのです。

■AB型……クールに見えて、実は熱い魂の持ち主
 A型とB型の要素を併せもつAB型。ふだんはクールに振る舞うことが多いので、冷静沈着な人と思われがちです。しかし、一度何かにハマると、寝食を忘れて没頭するところがあり、その豹変ぶりは別人レベルとの声も上がるほどです。とくに人目を気にしなくてもいいプライベートでは、マニアックなオタクキャラに変身、周囲をびっくりさせるでしょう。「あなた、何者?」などと、身近な人にほど言われてしまうタイプです。

 血液型別四者四様の意外性、いかがでしたか? 今後の人付き合いにぜひ活かしてくださいね。
(夏川リエ)

>>NEXT:血液型【落ち込んだとき】あるある A型はSNS依存、O型は海に向かってむせび泣く!

>>無料占い:血液型で相性診断!あの人との相性はいかに!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング