「ツンデレ」を活用した、恋愛で高感度の高いギャップを与える心理術

占いTVニュース / 2014年8月13日 17時0分

写真

 いつもツンケンした態度を取ったり、キツイ言葉づかいなどをしている人が、ふとした瞬間に見せるデレっとした表情や言動……それらに、つい心が動かされてしまうということは男女共にあるものです。
 
 恋をする時、相手のことが気になってしまったり、心理的に惹きつけられる理由にはさまざまなものがありますが、今回はその要素の1つである「ツンデレ」と、それにまつわるお話をしましょう。大別すると、「ツン(否定的な態度)」と「デレ(好意的な態度)」の使い分けは4パターンあります。それでは見てみましょう。
 
■第一印象がツン、その後の印象もツンの「ツンツン」タイプ
 かなり攻撃的で、人を寄せ付けないような印象を持たれることが多い「ツンツンタイプ」。相手がMっ気の強い人でない限り、「なんだこの人は、失礼だな」と思われることが多いでしょう。しかし、ほんの少しのギャップで大きく好感度アップがはかれます。中には実力があったり、カリスマ性を持っている人も少なくありません。むしろ、周囲にツンツンした否定的な態度を取り続けるのは、自分が一番精神的にも負担なので、どこかで息抜きできる相手を見つけるといいでしょう。
 
■第一印象がツン、その後の印象はデレの「ツンデレ」タイプ
 最もポピュラーとされるタイプ。「ツンデレ」は最も理にかなったギャップ効果で、4つのタイプの中では、最も好感度を上げることができます。恋愛において、相手を不安にさせたり、自分の二面性やアンバランスさを見せることで、相手に興味を持かせたり、好意を抱かせる効果があります。しかも「ツンデレ」タイプは最初の印象がマイナスであるため、後の印象が好意的であればあるほど、相手の好感度が高くなります。「ツンデレ」は、恋愛において、やはり鉄板と言っていいでしょう。
 
■第一印象がデレ、その後の印象はツンの「デレツン」タイプ
 このタイプは、始めこそ好意的な態度(デレ)をとっておきながら、後から手のひらを返したように否定的な態度(ツン)になったように見えてしまうので、4タイプの中で最も好感度が低い、むしろ相手に嫌われてしまうギャップ効果です。ある意味、自分に正直とも言えるのですが、周囲の印象は悪く、「裏切り者」「都合のいいヤツ」などと誤解を招いてしまうことも少なくありません。初めにデレてしまった以上、嫌いでも調子を合わせるか、ツンとしてしまった場合はアフターフォローが必須かもしれませんね。
 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング